雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< のんびり | TOP | お散歩 >>

2008.01.02 Wednesday

Suara「BLUE」/「蕾-bleu dreams-」

BLUE/蕾-bleu dreams-
BLUE/蕾-bleu dreams-
Suara,藤間仁,藤田淳平,大倉雅彦,Bee’

購入しました・・・。

アニメ「BLUE DROP」の、OP、EDテーマソングです。カラオケも入ってますので、合計4曲入ってます。当然の事ながら、アニメは1コーラスですが、こちらはフルコーラス入ってます。1、2、それからリフレイン?良く分かりませんがそんな感じですね・・・。

リーフレットには歌詞とメンバー表だけという、シンプルな構成です。

「BLUE」は作詞大倉雅彦、作曲Clara、編曲藤間仁、「蕾」は作詞Bee’、作曲衣笠道雄、編曲藤田淳平の各氏ですね。で・・・大倉雅彦って・・・監督さんじゃ〜あ〜りませんか??(笑)

まずは音的な面について・・・。

曲自体はご存知の通りですが、特に「BLUE」の場合は、初めて聞いた時にコーラス間のつなぎ目等、かなり違和感が感じられました。かなり凝ってますね。素直にす〜っと繋いではいません。基本のメロディーは繋がってますが、装飾音などが意図的に付け加えられていて、最初のうちはそれが大袈裟に聞こえたり、メロディーが隠れて聞こえてしまったりしました。作曲技法的には「有」なんでしょうがね・・・歌詞に合わせた結果・・・ということもあるのかな??

ま〜一言で言えば・・・そう・・・「戯曲」にふさわしい「高級感」なのかも。(笑)

でもご安心ください。何度も聞いてると慣れてきます。耳が高級になる?(笑)今ではなんとも言えず繊細にして雄大、非常に格調の高い曲に聞こえています。ストリングスやハープが実に効果的に使われていますね。

EDの「蕾」はお聞きの通りぐっと身近な感じですね。正直に言いますが・・・同じ歌手に聞こえません。(笑)アレンジも素朴と言うか、純朴な感じです。でも、それこそ、マリたちにはふさわしいと思います・・・。

印象的なメロディーを奏でる「笛」はメンバー表によると「Whistle」と書かれています。文字通りで言ったら、ピリピリピリ〜〜〜のあのホイッスル??(笑)ちょっと分かりませんですが、フルートやピッコロではない・・のかな?面白い音色ですね。オカリナの音が近いかな?

さて問題は歌詞ですね・・・・。

もし・・・あなたが・・・最終話を見て、あの物語を「悲劇」と思い、暗〜い気分で居られるなら、ぜひこのCDを入手される事をお薦めしますね・・・。

はっきり言って、アニメサイズの歌詞では、この「物語」全体が理解出来ないな〜と思います。

そう・・・。「悲劇」としか思えないあの「物語」が、歌詞全文を理解する事で、単なる「悲劇」ではなくなるんです。胸に希望を持てる「悲劇」になる・・・そんな気がします。

特に「BLUE」の歌詞は凄いです!!さすが・・監督の思いが詰まってます!!

萩乃の、最期の時の思いを歌ったのがこの歌詞の内容でしょう。1コーラス目も良く聞くと分かるんですが「見果てぬ夢」・・・かなわなかった夢を歌っていると思いますね。

という事は、最初からこの物語は「悲劇」であるとはっきり示されていた・・・。私はそう思います。

2コーラス以降は、実はもっとはっきりと・・・。一人で旅立つ萩乃の、惜別の思いが歌われていると思います。

実はこの歌詞、文語調で書かれていて・・・正直言って良く分からないんですが。(笑)何となくそう感じるんです。違ってたらごめんなさい!!もうちょっと勉強しておきますんで。(笑)

「惜別」の思いと言う事は、やはり「悲劇」なんですが、最後まで聞いてみると、何となく救われるんです。

「何も言わずに、君の事を思いながら行くよ〜!!一人で先に行って待ってるよ〜!!君が来るのを楽しみに待ってるからね〜!!」と言う感じですかね?悲しい中にほのかな明るさが感じられるんです・・・。

「蕾」の場合は、それ程はっきりとした違いはありませんが。やはり2コーラス以降の歌詞の方が前向きに聞こえます。萩乃の「さよなら」「ありがとう」の言葉がはめ込まれていますが、元々これは、生き残ったマリたちの思いを表現していると思うんです。一番最後の方で希望に満ちたイメージがはっきりと感じられます。アニメでは触れられなかった、マリの未来が分かるような気がします。う〜ん・・やはりこちらも全曲聞きたいですね。

とは言っても、こちらも結構難しい歌詞ですね。言葉一つ一つは分かるんですが、じゃあ全体として何言ってるのか?ちょっと上手く言えないんですよね。過去現在未来のどれのことを言ってるのかよく分からない部分があります・・・。(笑)

さすが、凝りに凝った「BLUE DROP」の一部ですね。(笑)ひょっとしたらかなり間違ったこと言ってる可能性がありますよ〜〜。(笑)

実は娘二人にも聞いてみたんですが、「文語」や「古文」なんて知らない!!と言われてしまいました。(爆)

と言うわけで・・・買ってください!!そしてあなたの耳と目で確かめて・・・・教えて下さい!!(笑)ラブ

2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト


23:13 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/994

トラックバック

▲top