雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アニメ「十二国記」第39話 第40話 | TOP | セリア・ リーズ「魔女の血をひく娘」 >>

2007.10.01 Monday

数学者の天国と地獄!!「ポアンカレ予想」の罠

BShi の「ハイビジョン特集 」を見ました。娘がパソコンを使っていたので仕方なく番組表を見ると、何だか面白そうなやつが・・・。

ピンと来て見てみたら・・・これが大当たり〜〜〜!!(笑)

「数学者はキノコ狩りの夢を見る 〜ポアンカレ予想・100年の格闘〜
10月1日(月) 午後8:00〜9:50

宇宙に果てはあるのか?宇宙は一体どんな形なのか?
人類が長年、問い続けてきた謎に大きく迫るヒントが去年見つかった。百年もの間、誰も解けなかった数学の難問「ポアンカレ予想」が証明され、宇宙がとりうる複数の形が初めて明らかになったのだ。世紀の難問を解いたのはロシアの数学者グレゴリ・ペレリマン(40)。その功績により、数学界最高の栄誉とされるフィールズ賞の受賞が決まったが、彼は受賞を拒否し、数学の表舞台から消え去ってしまった。その真意をめぐってさまざまな憶測を生んでいる。「ポアンカレ予想」にはこれまで、幾多の天才たちが魅了され、人生のすべてを賭けて挑み、そして敗れ去ってきた。ペレリマンがその栄誉に背を向け、失踪したのはなぜか。そもそも数学者はなぜ難問に挑み続けるのか。番組は、ポアンカレ予想が解けるまでの百年にわたる天才たちの格闘のドラマを追い、ともすれば取りつきにくい純粋数学の世界と数学者たちの数奇な人間模様を描いていく。CGと実写の合成を駆使し、“天才の頭の中”を映像化する知的エンターテイメント番組。」
(〜NHK HP)

そもそもノンフィクション、ドキュメンタリーって好きなんだけど、これは凄かった!!

「キノコ狩り」とあるからと言っても、毒キノコを食べた数学者が奇跡的な発見をする・・・なんてことではありません!!(笑)

「宇宙を一周してきた宇宙船。その宇宙船に結び付けておいたロープを引っ張っていって、全て回収できたら、宇宙は丸いと言える」

大まかな話、これが100年間に亘って数学者を悩ましてきた「ポアンカレ予想」という証明問題なんですね。意味不明??だよな〜!!(爆)

でも、多くの数学者がこの問題に取り組み、敗れ去り、人生を棒に振って来た・・・。そんなドラマチックな問題なんだそうです。この問題にとりつかれ、人格も変わってしまった数学者、挫折して数学を辞める数学者・・・そんな事例が沢山紹介されていましたね。

そして遂に、数年前に証明された!!

これがまたドラマチック・・・と言うか笑える!!!!!(笑)

インターネット上に公開された論文は、すぐに理解できる数学者がいなかった!!(笑)発表した数学者がアメリカに招かれ、公開の場で解説をしたが・・・それでもほとんどの数学者が理解不能だった!!(爆)何だこれ〜〜!!と笑ってしまった。(笑)

複数の研究チームが数年をかけて、やっと正解らしい・・・と分かった・・・らしい・・・。(笑)

凄いよな・・・。結局の所、数学も色んな分野があり、いままでこの問題に取り組んでいた分野のやり方では証明が出来なかった、ということのようですね。多くの数学者は位相幾何学(トポロジー)で取り組んでいたのに、証明したロシアの数学者グレゴリ・ペレリマンは微分積分学や物理学の手法も使っていた。これでは分からなかった訳だ!!(笑)登場した有名な?数学者たちの情けなさそうな表情・・・笑ってしまった。(笑)

さて、これで終われば、楽なんだけどね・・・。

このペレリマン氏、数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞を辞退!!(賞金100万ドル?)ロシアの小さなアパートに引きこもってしまった・・・。かつては、いつも笑顔を絶やさなかったという人が、誰とも会わなくなって・・・・人格が変わってしまった・・・。証明をやり遂げても、失敗しても・・・こうなってしまった・・・。

げに恐ろしき「ポアンカレ予想」・・・。

数学は「問題を解いた時の気持ちよさが魅力なんだ」と、登場した数学者が言っていたが、これではまるで麻薬だね。麻薬中毒の挙句の人格破壊か・・・・。

あ〜・・・只の人で良かった・・。(笑)

どんなものにもドラマはある。でも数学者達の七転八倒の有様を描いたこのドキュメンタリーを見て、笑うに笑えない彼らの激闘振りにちょっと感動しましたね。引きこもってしまったペレリマン氏、最後には「新しい目標を見つけた」とかいう話で終わってほっとしましたね。彼が笑顔で人前に現れ、気楽にキノコ狩りに行ける日が来ることを祈りたいものです。

いや〜久しぶりに知力全開で燃えたよ!!(笑)ソフトクリーム

2017.11.19 Sunday

スポンサーサイト


22:32 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/871

トラックバック

数学者 の情報を最新ブログで検索してみると…
数学者に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
(マッシュアップサーチラボ 2007/11/27 11:21 AM)
( 数学者 )についての最新のブログのリンク集
数学者に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
(クチコミコミュニケーション 2007/11/23 5:40 PM)
ポアンカレ予想…あれこれ…
ポアンカレ予想…どうして注目されてるの? ちょっとわからないところがあります な...
(レミのメモ帳 2007/10/25 11:47 AM)

▲top