雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 明日はお出かけ | TOP | 2日目 >>

2007.08.14 Tuesday

1日目

昨日は朝8時に出発。直前までCDを作ってました。最近の聞き物をMP3に変換してCDに焼こうとしたんですが・・・遅い!!(笑)変換自体に40分位?CD-RWを使おうとしたらフォーマットに50分??途中で止めてCD-Rにしましたが、最後の終了処理で固まってしまいました。しばらくしたら動き出し何とか終わりましたが・・・車中で聞いたら一部のみ音は出ましたがあとはダメ!!どうも終了処理が失敗していたようです。

教訓・・・急いでも、PC速くはなれないよ。クリック一つで固まって終い!!(笑)

という事で、ケツメイシと「プリンセス・プリンセス」その他をBGMにして出発〜!!(笑)

良いねケツメイシ。村山早紀さんも作品の中で「さくら」をモチーフに使っている位で、中々の聴き応えだ。淡々とした音楽・・・淡々とした人生を送る人々への応援歌のようで良いね・・・。淡々としたリズムは地球の、あるいは心臓の鼓動に通じるものが・・・。生きるってことは・・・心臓が止まらないって事だからね。(爆)

午前中はお墓に廻って掃除をし、花と線香をあげてきた。ピーカンの天気!!ユリの花が凄い勢いで咲いていた。車を運転していても右腕と太ももがチリチリとして辛い〜!!(笑)仕方なく腕にはタオルを巻き、ももにもタオルを載せてしのぐ。



キャンプ場のある町に入ると、車の外気温計が示す温度は39度???!!!!!オイ〜!!冗談だろ〜??!!(笑)ま、いわゆる一つのフェーン現象ですな。

スーパーとコンビニで買い物をして山に向かう。クルクル廻りながら昇っていくと・・・気温が見る見るうちに下がっていく。標高800メートルのキャンプ場は33度!!う〜ん・・・計算どおり??(笑)100メートルで1度下がると言うからね。

チェックイン後1時間ほどでタープとテントの設営完了。小さなテントにしたから簡単だ。あたりを散歩すると、早くも夕暮れの雰囲気だ。



晩御飯はカップ麺で済まそうかと思ったけど・・・一人ですからね。ちょっと贅沢した。買い込んだ牛肉、ホタテ、ナス等をフライパンで調理。と言ってもタレをかけて焼く(と言うか煮る??)だけ。地酒をオンザロックでチビチビやりながらいただきました。う〜ん・・・病み付き〜〜〜〜!!(笑)一番好きなのは・・・ナスだね。(笑)ジューシーなナスにかなうものは無い!!(笑)写真には肉は映ってませんが、オイルを忘れたので、最初に肉を焼きその油で他を・・・と言う事です。かなり焼き色ついてたんですが柔らかい!!良い肉だ!!(笑)ホタテは結構量があって(1人前なんて売ってないのだ)・・・食べすぎ・・・。(爆)



夜半、空を見る。

快晴、新月、関東と違って光害も無し!!これ以上の好条件は滅多に無い夜です。天の川もくっきり見えます。もちろん流星群を探しましたが・・・。10分に1個あるかどうかでしたね。(笑)チラリと見えるやつ、ビュンッと音でも聞こえそうなやつもありましたが・・・。深夜3時半ごろにはオリオンとスバルも見えてきました。ほのかに空も明るくなって・・・。こんなに星を見たのは何年ぶりかな??

あ、星の写真、撮りましたが・・・小型デジカメだとダメですね。モニターのドット抜けにしか見えません。(笑)月

2019.11.10 Sunday

スポンサーサイト


19:23 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/796

トラックバック

▲top