雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。


Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< つだみきよ「プリンセス・プリンセス (5)」 | TOP | リチャード・プラット「中世の城日誌―少年トビアス、小姓になる」 >>

2007.07.30 Monday

パリ・シャトレ座公演 喜歌劇「ジェロルスタン大公妃殿下」

NHKデジタル教育サブチャンネルで今(20時〜22時40分)放送しています。9時からは「ドラマ」だと娘と妻が言いますので・・・。第一幕のみ・・・。(笑)

パリ・シャトレ座公演 喜歌劇「ジェロルスタン大公妃殿下」
オッフェンバック作曲
                              
                   フェリシティー・ロット
                        ヤン・ブロン
                    サンドリーヌ・ピオー
                    フランソア・ル・ルー
                    フランク・ルゲリネル
                      エリック・ユシェ
                       ボリスグラッペ
                     アラン・ハブリエル
                              
               (合唱)ルーヴル宮音楽隊合唱団
          (管弦楽)グルノーブル・ルーヴル宮音楽隊
                (指揮)マルク・ミンコフスキ
                              
  〜パリ・シャトレ座で録画〜      
(〜NHK HP)

いや、楽しい〜〜〜〜!!!!(笑)

オペレッタ・・・かな? 日本でも昔、「ブン大将」とかいう名前で大人気だったという話です。「浅草オペラ」とか言う時代のことかな?聞き覚えのあるメロディーもあちこちにあって飽きません。

架空の国の妃殿下の軍隊。妃殿下の気まぐれで、気に入った若い兵士が出世したり、その兵士の結婚に横車を押したり・・・。滅茶苦茶なお話ではありますが、19世紀後半の時勢を皮肉る強烈なパロディーだそうですからね〜。

昔LPで聴いた事もありますが、記憶は全く無し!!(笑)新鮮です!!(笑)

シンプルな舞台。洒落た演出。芸達者な歌手たち!!お見事です!!合唱団も含めて歌って踊って・・・表情たっぷりの舞台が楽しめました。ほとんどミュージカルですね!!

オペラと言うとちょっと澄ました雰囲気がありますが、オペレッタは庶民的な分かり易い舞台が特長なんです。誰でも無条件で楽しめる、ちょっと色っぽい空気もあってなんだかニヤニヤしてしまいます。(笑)

いつかまた放送があるようでしたら、ぜひご覧になってください。お薦めします!!ムード

2020.10.25 Sunday

スポンサーサイト


22:03 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top