雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 今週のアニメ | TOP | 投票 >>

2007.07.28 Saturday

つだみきよ「プリンセス・プリンセス(4)」

プリンセス・プリンセス(4)
プリンセス・プリンセス(4)
つだ みきよ

原作第4巻。
表紙はなんと秋良!!つだ先生にとっては秋良は完全に脇役だったようですが、話が進むうちに、存在感が増していって遂に表紙ゲット!!(笑)アニメから入った人には違和感は無いと思いますが、先生はずいぶん悩んだようです。この辺の経緯は「あとがき」に・・・。でも秋良の絵、良く見ると、なんだか手が大きいな。(笑)

裏表紙は3人組ですが、衣装は忍者風。和洋折半の微妙な雰囲気です。(笑)

カバー下の「プリンス・プリンス」も驚異の秋良ネタ!!(爆)

第4巻は全体の半分が学園祭の後半、完結編ですね。後半の半分、つまり4分の一は生徒会長選挙の新ネタ。残り4分の一は「ドラマCDアフレコレポート」「あとがき」「4コマ劇場」。そして特別編として「プリンセス・プリンセス 日常編 姫の一日」が14ページにわたって載っています。なんとも盛り沢山です。

さて、学園祭編は第3巻に続くものですが、こちらもほとんどの部分がアニメ化されています。内容的には実琴と恵さんの、一途な「愛」の一部始終ですね。(笑)亨や裕史郎にはちょっと縁が無いので大いに冷やかして楽しんでますが、そんな2人にとっても実琴と恵さんのカップルの姿はとても刺激的であり、なおかつ人間的な面で良い影響を与えたんじゃないかな?と思います。純愛まっしぐらの実琴と、暖かく見守る仲間達の楽しい一日。

次の生徒会長選挙編ですが、このエピソード自体はアニメには採用されませんでした。ちょっと雰囲気が違うんですね。新たな登場人物がずいぶん「硬い」雰囲気で・・・。(笑)他愛の無い笑いでは済まない部分もあってか?12話のアニメからは、はみ出してしまいました。ただ、この「硬い」人物が・・・別の人物としてオリジナルストーリーのアニメで登場していました。結構はまってましたね。(笑)どんなやつか??読めば分かる!!

見逃せないのが「プリンセス・プリンセス 日常編 姫の一日」ですね。ほとんどそのままアニメでも採用されていましたね。姫も・・・色々大変なんだって分かります。(笑)

その他、ダイエットファンに大好評の「4コマ劇場」など、バラエティーに富んだ第4巻です。ラブ

2017.11.19 Sunday

スポンサーサイト


20:35 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/762

トラックバック

▲top