雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 放送予定 | TOP | 放送予定 >>

2017.10.21 Saturday

最近のアニメ

秋雨に台風・・・暇なのでまとめておきましょう。

まずは終わった作品。

Re:CREATORS
かなり無理のあるストーリーでしたが、全体の出来は良い。結末は予想された範囲でオタク好みと言えばその通りですが、逆に世界が狭かったかな?良く言えば究極の業界物、クリエーターの本音吐露アニメとして見ても良いかも。

ナイツ&マジック
事故死したオタク青年が異世界に転生し、思う存分オタク道を突き進むという実に気持ちの良いお話!!(笑)主人公の天真爛漫な中性キャラが実に良かった。ちょっと古典的な騎士道精神も織り込んだストーリーは意外と落ち着いていて、安心して見ていられる作品でしたね。

メイドインアビス
一見子供向けのキャラながら、ラピュタやアバター風の世界観も垣間見える不思議な世界での冒険が描かれ、キャラの割に展開も描写もしっかりしていて非常に面白かった!ナイツ&マジック同様に主人公が楽天的で、とことん前向きなのが良かった!隅々まで考え抜かれた独特の世界観は一見の価値ありです!!

セントールの悩み
作画も丁寧で・・・よく見ると・・・結構面白い・・・JK日常アニメ・・・それだけなのが惜しい!(汗)

天使の3p!
小学生ガールズバンドの奮戦記・・キャラがもろ幼女・・・辛くて・・・切りました・・・。

NEW GAME!!
第2クール!作画自体は悪くないが・・・・配色がきつくて結局見ませんでした。

続編は・・・。

ボールルームへようこそ
第2クール突入!!第一クールは初心者向けに親しみやすいキャラクターが多かったけれど、第2クールでは一転して癖のあるキャラばかり・・・。(汗)いよいよダンスの難しい面に踏み込んできたのかな??妻も一緒に見る作品でお薦めです。

新作は・・・。

クジラの子らは砂上に歌う
砂漠を進む船で暮らす人々の不思議な生活・・・と思ったらなにやら不穏な風が吹き始めて・・・という展開。作画は最上、「ガルガンティア」と「終末なにしてますか」と「龍の歯医者」を合わせたような感触ですがどうなることやら・・・。

3月のライオン 第2シリーズ
始まりました!安心して見ていられます。

少女終末旅行
文字通りの人類終末の世界が舞台の荒涼系アニメ。(笑)キャラクターはほのぼの系ですが内容は実にシビアかな?「がっこうぐらし」風の恐ろしい話かも・・・。

魔法使いの嫁
以前から話題になっていた作品?赤髪のお姫様風の作品かと思ったら、「夏目」と「ハリポタ」風の展開で面白い!背負い込んだ不幸に押しつぶされそうな主人公がどう変わるか?がとりあえずの見所か?内容とは無関係だけど、スポンサーコールで新潟県が出てきたのには目を疑ったが、あんなこともやってるんだ・・・。(笑)

音楽面も充実した、実に美しいファンタジーです!

Just Because!
初回を見て地味?と思って切ったけれど改めて見たら中々良い。素直なキャラクターで「月がきれい」風の静かな展開が好み。

宝石の国
人型の宝石が主人公の不思議な作品。「敵」が、月からやって来る?仏像軍団というのも斬新で思わず見入る作品です。

その他いくつかあるけれど、とりあえずはこんな所・・・少ないけれどこれで十分だね。。

ディストピアという言葉がふと浮かぶ作品が目立ってきたのは気のせいか?21世紀ってみんなが幸福になれる時代じゃないんだ・・・と改めて思うのは考えすぎ・・・?雪




 


2018.11.11 Sunday

スポンサーサイト


20:34 | - | - | - | - | - |

コメント

毎度、お久しぶりのHINAKAです。

雪太郎様

相変わらず鋭くて、的確!文句の付けようも有りません。
唯一「セントールの悩み」は、本来手足が6対有る並列同一進化を遂げた、ファンタジーのような様々な人族が共存する世界を描いているそうです。1対の手が退化した人族が、最大の人口を占めて事実上管理しているようです。
そして同一進化とは、DNAレベルで全く同じ祖先から、環境適応で見かけが異なる人族が発展したと言う事だそうです。その為、異族混血は問題なく、子供主に母親の属性を引き継ぐそうです。
人魚族などは、全く陸上生活に支障が無いそうです。両足がヒレに進化した為、陸上移動には介助が必要だそうで、熱愛カップルは常に彼氏が彼女を抱き抱えて歩いていました。
人族は、過去の反省からかなり極端な、他人族保護政策を行っていて、それが言葉狩りに似た「逆差別化」を生んでいる事は、アニメでもうかがえました。


なお、『ボールルームへようこそ』には、ダンス好きとして、色々ありますので記事にしてあります。
宜しければ、ご覧下さい。

http://aonow.blog.fc2.com/blog-entry-997.html

では、また。

2017/12/06 10:20 PM by HINAKA
HINAKAさん毎度。

セントール・・・・改めて設定とか見ると面白そうですよね。アニメの作画も良いし、見れば納得できる出来だと思いますが、ちょっと入り込めない部分があるのが残念かな。いっそコミックの方が楽しめるかもしれないので探して見ましょう。

ボールルーム・・・HP拝見しましたが、熱いですね!(笑)

確かに映画やバラエティー番組を見てそれなりに面白さは分かっていますが、アスリートとして奥深い部分までは全く知りませんでしたので、今回のアニメは大注目です。もう少しで終わるのかな???残念ですね。
2017/12/10 5:30 PM by 雪太郎

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/2484

トラックバック

▲top