雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 放送予定 | TOP | 放送予定 >>

2017.07.15 Saturday

Tern Eclipse UNO 購入

もう一ヶ月ほどになりますか?購入後200卍走行しました。

同じtern のverge N8 からの乗り換えです。

N8は20インチらしい軽快な走りが素晴らしかったのですが、路面状況が必ずしも良くない私の地域環境には向かない面があり、安定性とディスクブレーキの装備の2点から Eclipse UNO を選びました。丁度、2018年モデルへの切り替わり時期で、お値段がぐっと下がった事が最も大きいですが。(汗)

24インチサイズながらシングルスピード、シルバー色オンリーと言う変わった構成。

メーカーとしてもカスタム化前提のベース車として訴求している特異な車種ですが、メーカーHPには余り情報はありません。仕方なくverge 等の車種の情報から類推する事で大まかな方向性は見えてきますが、詳細は自分で情報収集するか、経済的に余裕のある方はショップに任せた方が良いかも知れません。基本的な構成はちょっと古めのシマノ互換パーツ。リアは135ミリ幅、BBは偏芯タイプがついていますが、基本はISO互換68ミリのようです。チェーンも3/32の丈夫そうなヤツ。ディスクブレーキはメカニカルの片押しタイプだけれど一般的な160ミリ互換タイプ・・・。オーソドックスに10sから攻めるか、スラムのXDドライバーを付けて一気に先端まで突っ走るか?内装11速かそれともフロントダブル化?悩めることは確かですね。ネットで検索して先人の方々の苦労の足跡を辿るのも一考かと・・・。

とは言いながら、最初からお金をつぎ込むのも無理なので、まずは素の状態を知るべしと考えて、今までノーマルのままで走ってきました。

その結果は・・・意外と走れます!!

確かにフロント42T、リアは14Tなのでトップスピードは20キロ程度ですが、下り坂なら惰性で40キロ位まで出せますし、登りもverge N8の2速位まで何とかなります。ペダルやチェーンを含めての剛性や、タイヤサイズからくるロスの少なさもあるのか?verge N8 の場合のシフトダウンの遅れによる失速が無い事もあって?足の回転や腕の引き、体全体の動きを意識して走ると、降りなければならない場所はほんの数箇所に限定される事が分かってきました。

これはどう判断すべきか?多段化して細いチェーン等を使い、手入れに手間を掛けるメリットがあるのか?ピストバイク程じゃ無いけれどこれはこれで有りではないか?・・・等と色々考えさせられますね。

ま、当分このまま行ってみるつもり・・・まずは乗り方の基本を身につけ・・・・その上で、必要ならばカスタム化するという事ですね。

その他気付いたことなど、参考までにまとめておきましょう。初歩的な事項はverge N8の2017年モデルの方で投稿しておきましたので参考にしていただければ・・・。

・当然ですが、24インチなのでverge N8に比べると2割ほどモッサリとした走りになります。(笑)

・下り坂や段差などに対する安定性は高く、不安はほとんど感じません。これが20インチとの最も大きな違いです。

・ディスクブレーキはさほど高級タイプではないようですが、慣らしや、パッド位置の調整等を行なっていくと次第に安定した利きが得られるようです。購入したままだと、擦り音や鳴き、利きの甘さ等はあって当然と考えた方が良いでしょう。交換用パッドが見あたらないのでメカニカルでも高級タイプや油圧式への交換を考えても良いかも知れません。

・右足用のペダルのみ脱着式です。サドル下にホルダーが付いていて、外したペダルを付けられますが、インシュロックで縛ってあるホルダーがちょっとジャマかも知れません。付属する脱着式のテールライトの操作(電池式でボタンを押して点滅させる)が、し難いので一旦外してシートの直ぐ下に付け直しました。

・シートポストに目盛りが付いてますが・・・彫刻じゃないので、摺れて薄くなってきました。(汗)

・細かい事ですが、2017年モデルを紹介するメーカーHPにはハンドグリップに六角レンチが仕込まれている様に書かれていますが、これは無しのようです。

・買ってみれば分かりますが、verge N8 に比べると全体的に一寸ずつグレードアップされていてちょっと嬉しいです。(笑)

シングルだからUNO・・・『宇野千代=コジコジ母』と言う大珍説ほどの衝撃はありませんがかなりのインパクトのある命名は、検索するとゲームばかりヒットするのも困りものですが潔しとしておきましょう。(笑)ただ、11万円というメーカー希望価格はかなり微妙かと。カスタム化=多額の出費が確定なのですから、フォールディング必須の人以外にはお勧めしにくいのが現実的な評価かなと思います。

私は・・・色々と楽しめそうなので・・・お薦めします!雪



 

 


2017.08.13 Sunday

スポンサーサイト


12:05 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/2466

トラックバック

▲top