雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 放送予定 | TOP | 放送予定 >>

2017.02.12 Sunday

最近のアニメ

久しぶりに・・・と言うには間が開きすぎですが・・・。(汗)

多分・・・年末で終わった作品・・・。

 DAYS
素晴らしいサッカーアニメ!!典型的な無器用キャラの成長物語。後半になるにつれて典型的スポコン物になっていくのは当然として、一度は見ても良い作品。

亜人(第2クール)
第2クール!第14話から始まりましたが、期待に違わぬ出来で面白かった。ストーリー的に感動的なエンディングとは言えない展開は予想されましたが、まだやるのか?という感触を持ったのも事実か・・・。

うどんの国の金色毛鞠
拘りのうどんアニメを期待したが、予想に反して可愛い可愛い路線で押し通してしまったのがちょっと残念。子供向け・・・としては有りか。

ステラのまほう
どう見てもキララ物!(笑)ゲーム大好きJKのホノボノ学園コメディー。意外なほどしっかりとしたストーリーで楽しめたのでお薦めです。

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(3期)
3期!1クール使って1試合だけを描くという無謀な企てでしたがそれなりに良いできでした。途中で声優が変わったりしたのが残念。

響け!ユーフォニアム(2期)
つやつやピカピカ・・・苦手な作画なので切るかもと思いましたが、何話かは素晴らしい出来でした。落ち着いてよく見ると名作かもしれません。

舟を編む
人気小説のアニメ化。TVドラマもやってるし、アニメとして新しい表現が可能なのか?と思いましたが、それなりにまとめてくれました。大人向けの落ち着いた作品としてお薦め。

ユーリ!!!on ICE
最近なっても人気が衰えず女性ファン層拡大?というような展開を見せている作品。正直なところ昨年最もお薦めの作品の内の一つですね。作画レベルの高さ、魅力的なキャラクター、叙情性と躍動感のバランス、ユーモア感覚と泣かせのテクの絶妙さに思わず嵌まる出来でした。熱烈な女性ファンがどのような視点で見ているのかちょっと気になりますが、私的には「自己の解放」に伴う紆余曲折を日本人的感性で素直に描いた作品として非常に楽しめました。

で・・・継続は・・・。

3月のライオン
有名監督も善し悪し・・・なんていわれない様に頑張って欲しいところ・・・と思ったのですが、正月も挟んでジックリ見ると、これは名作かも・・・。

旧来の「アニメ」の枠・・・セオリーを超えた映像表現のオンパレードは正直驚きです。逆に他のアニメが変に見えるのは困る部分ですが、世界に向かって見せるならコレだよね・・・。

アニメがこれだと、原作は見ないで済ませるかもしれない・・・そんな気がする・・・。

そして、新作は・・・。

どれも皆同じキャラ・・・正直ろくな物がない・・・というのが率直なところですがいくつか・・・。

BanG Dream!(バンドリ)
流行りのメディアミックス物アニメらしい。題名の語感通りに「夢に向かってまっしぐら!」的なJKバンドアニメか。当然のように「けいおん!」や一連のアイドル音楽物のノリそのものかと言えばちょっと違って?以外と「現実的」なやりとりの描写があって興味深い。とりあえず、主人公の「熱さ」にかけて見てみよう。

この「熱さ」こそ現実世界に最も欠けている要素じゃないか?自分も含めて考えさせられる面もあるので・・・。

亜人ちゃんは語りたい
「亜人」と書いて「デミ」と読ませるらしい・・・。亜人とは「特別な性質を持つ人間たち」であり、サキュバスバンパイアデュラハン、そして雪女・・・のようなちょっと変わった人間にすぎず、とても愛すべき存在でもある・・・というお話かな。過去のアニメ作品で登場してきたそれぞれを、まとめてコメディーアニメにしてみるという奇想天外?ネタの枯渇もここまで来たか??という気もするが、エンディングテーマソングに見られる素直な叙情性を感じ取れる人にはお勧め出来ますし、自分も亜人・・・という人にも同様に・・・。

小林さんちのメイドラゴン
どこかで見たと思ったら「旦那が何を言っているかわからない件」の作者の作品でしたね。酒呑みプログラマーに惚れたドラゴンが人間社会にやってきて「メイド」として過ごすというコメディーアニメ。それだけのお話ですが、仕事に明け暮れるサラリーマンを癒やす何かがあってお薦めです。京都アニメーションらしくない「普通」の作画も素晴らしくて良い。

クズの本懐
ノイタミナ枠の作品。原作の書影は見たことあるし、何だか危なそうなお話か?という程度の状態で見始めたが・・・正直最後まで見られない。なにかとてもイヤな物を見せられる予感がしてしまう・・・ウブな私・・・。(笑)チラチラと見ているがジックリ見るべき物かどうか思案投げ首中・・・。

幼女戦記
今期の目玉・・・。(汗)

ラノベ原作?リストラの逆恨みで駅のホームから突き落とされたサラリーマンが、神をも認めない言動の故か?異世界に転生させられ、幼女の姿で過酷な戦場に身を投じる・・・。実に変なお話であるが、その「変さ」は「進撃・・・」や「亜人」に比べたら何ほどのこともなく、作画レベルの高さや過激な描写の前に霞んでしまう。日本人にとっての「神」は自然そのものだと思うけれど、人の言葉で語りかける「それ」の存在は実に気持ち悪い感触で、主人公に思わず共感してしまう部分もある。

過激さの先に何を見せるか・・・?要注目である!

うらら迷路町
ちらりと見ただけですが・・・意外と良いかも?

少ないなりに楽しめます・・・。雪



 


2017.04.23 Sunday

スポンサーサイト


21:19 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/2442

トラックバック

▲top