雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 放送予定 | TOP | 村山 早紀「花咲家の旅」 >>

2015.10.25 Sunday

最近のアニメ

10月も後半、ずいぶん遅くなりましたが、忘れない内に・・・。(笑)

まずは終了分から・・・。

トライブクルクル
50話完結!全くのニュージャンル、これまでにない作品をここまで続けた制作陣に拍手!ダンス好きなら見るべし!!

ベイビーステップ
理系スポコンとでもいうような現代的なアニメ。「とにかく根性」ではなく「理性と努力」で未来を切り開く拓くという主人公の行動が、錦織君に重なるような感じで稚拙な作画を補って大変楽しめました。全ての人にお薦め!

アルスラーン戦記
ひたすら優しいだけ?の主人公が、過酷な戦場を生き抜いていくうちに戦う意味を見出し、周囲の信認も得ながら成長していく・・・そんな雰囲気の戦記物大河アニメでした。権謀術策入り乱れる波乱の展開など見所も多く、ストーリー的には序盤で終わっている感じなので続きを見たい作品です。

俺物語!!
純情一直線のラブコメ・アニメ。無器用でも真直ぐな二人の微笑ましい日々が描かれましたが、ふと、イケメンゴリラを思い出したのは私だけ?(笑)真面目に伴侶を求める人にお薦め!

「WORKING!!!」
コアなファンがいるからこその第3期?すっきりとした作画と、相変わらずの強烈なギャグが素晴らしい作品!

「GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」
一週間が待ち遠しいと感じた唯一の作品!やたらと血が流れるのはどうかと思ったけれど、実際の戦場はあんなものでは済まないのかも・・・。年明けの第二期が待ち遠しい!!

「デュラララ!!×2 転」
 今までなく主人公の変質が描かれていてちょっと居心地が悪い感触でした。 起・承・転・結って事で、次も見ないとスッキリ終われないんだな!?

「赤髪の白雪姫」
お姫様アニメの王道!!爽やかで媚びない主人公、初々しい女の子が好きな人にお薦め!

「がっこうぐらし!」
萌え系アニメと思ったら、実はとんでもないホラーアニメ!!??明日をも知れぬ過酷な状況の中、少女たちが生き抜くための選択がクラブ活動!?心を病んだとしか思えない「先輩」の笑顔が次第に希望の灯となって行く・・・?というお話。

細菌兵器による攻撃を受けて平和な日常が崩壊!?後半になって、そんな終末期の世界が舞台と分かりますが、妙なリアル感があって怖い作品でもある・・・作画レベルも高くお薦め!

「おくさまが生徒会長!」
とりあえず18禁!!

ま・・・生きとし生けるもの・・・すべてが助平と分かっている人にお薦め!(笑)

「GOD EARTER」
もったいぶって?3回?ほども特番?をやっていましたが・・・いわゆる「落した」んじゃないのか?とも思えます・・・。ゲーム原作なんだからそんなことは無いのでしょうが、意味不明の構成でした。ま・・・今までにない独特な作画が見どころかな?

「ワカコ酒」、
大人だけの・・・ささやかな楽しみ・・・。

「それが声優!」
有名声優の体験も含まれているとかどこかにあったけれど、SHIROBAKOほどの切実感は感じられず、ほとんど想定内の展開でちょっと惜かったけれど、貴重な業界物として見ても良いでしょう。

「アイドルマスターシンデレラガールズ 2nd SEASON」
遂に完結! 1st ほどの高揚感が無くちょっとほろ苦い展開でしたが、現実感はかえって高まったのかな??一見、際物的とも捉えられがちな業界を誠実に描いた作品として評価しても良いと思う。ジャパニメーションの代表作としても良い出来だ!

他社も見習ってほしいぞ!!

そうそう番外編として・・・。

ガッチャマン クラウズ インサイト
放送終了間際に気づいたんですが、すっきりとしたキャラクターと作画にビックリ!新潟の田舎が出てくるSF!なんて変な部分もありますが、人肌を感じさせる微妙な雰囲気もあって良し!爽やか系SFバトル物としてもお薦め!


継続は・・・。

ダイヤのA
もう何回???監督交代劇に決着が付くまでは続くんだな?

で・・・新作ですが・・・。
実はあまり見ていないので少な目です・・・。

いとしのムーコ
主役は犬!可愛いのでお薦め!今季の一押し!!(笑)

うたわれるもの 偽りの仮面
素直なキャラクターで良し!飄々とした主人公に、何故か耳と尻尾を持つ人々の交流も微笑ましくて安心して見ていられます。ストーリー的には前作からの続きなのか?展開に注目!

学戦都市アスタリスク
定番学園ツンデレバトルアニメ!!それ以上でも以下でもなさそうですが、色々な意味で意外と訴える場面があって見てしまう。

落第騎士の英雄譚
良くある異能の落第生ストーリー。アスタリスクと全く同じような作品?!多分、前半後半を入れ替えても分からないでしょう!(笑)違いはヒロインの胸と主人公の使う剣だけ?という気がしないでもないけれど、こちらも不思議と訴えてくる・・・あ・・・お色気だけではありません・・・!(笑)オープニングやどこかで見たような?ローゼン風のエンディングも凝っていますね。

コメット・ルシファー
冒頭はほとんど「ラピュタ」の雰囲気!ルシファーと言えば「堕天使」、後の「魔王サタン」ですから、ストーリー展開も読めてきますが、とりあえずは主人公たちのホノボノとした日常を楽しむべし。これからは可愛い不思議少女の「変貌」が見ものになっていくでしょうが、微妙に作画が乱れるように感じるのは気のせい・・・?

櫻子さんの足下には死体が埋まっている
人気小説のアニメ化?クールビューティに振り回される男の子のお話らしいが、とりあえず作画は良い。推理物アニメという事になるので、一話に収める脚本の手腕が問われるけれど今のところはまずまず。ただし・・・夕日と朝日の取り違えなんて・・・ちょっと陳腐・・・。

すべてがFになる
斬新なオープニングに惹かれて見たが、妻が「ドラマであった」と言っていた。これも推理物らしいが、ひたすら会話が続くだけ・・という印象でちょっと辛いぞ!

インテリ向け・・・かも・・・。(笑)

蒼穹のファフナー EXODUS 2期
う〜ん・・・一期の時もそうだった?けれど、「新」マークが付いてないから?初回を録りそこなった!商売下手だねTBS!

作画は相変わらず最高ですが、ストーリーの暗さも比類ないかな?(笑)正直言って、滅びの美学を語られても困るけれど、最新話の結末が素晴らしかったのは確かなので見る・・・。

ハイキュー!! セカンドシーズン
文句なし!普通の「スポコン」!「人」の成長を「目撃」できる展開も良く、見るべし!!

ヘヴィーオブジェクト
凄いメカのCGにビックリして見ましたが、以前あった「白銀の・・・」何とかってロボットアニメを思わせる感じのお話?登場人物達の役割分担が苦しいような気がするので、しばらく様子見・・・。

ゆるゆり さん☆ハイ!
これが有名な・・・脱力系・・・ってやつ?(笑)異様にハイレベルな作画に驚愕したので・・・とりあえず・・・。(汗)


他にもかなり個性的な作品も多かったけれど、挑戦する気も無くなってきたのでこんな感じ。

週の半ばは暇で・・・平和な日々です・・・。(笑)



 

2017.05.28 Sunday

スポンサーサイト


17:08 | - | - | - | - | - |

コメント

HINAKAです。

雪太郎様

すっかり御無沙汰です。
何だか最近、集中力の持続が続かなくて、なかなかブログ巡りも出来ません。とは言え、新作の感想!相変わらず端的に要点だけを、ズバッと付いていますネ。
ホント、見習いたいモノです。

「GATE」は、ダメかと思いましたが、結構いける口なんですね、失礼ながら意外とでした。
「ヘヴィーオブジェクト」は究極の兵器同士による、一騎打ちで戦闘が終わるという、ある意味「ガンダム以来のリアル戦争物?」と言う皮肉に気付いた人は、余り多く無いと思います。しかもその責任を、「エリート」1人に負わせるというある種の怠慢。

両方とも、かなり詳しく記事にしていますが・・・最近時間が掛かって、しょうがありません。

http://aonow.blog.fc2.com/blog-entry-839.html

http://aonow.blog.fc2.com/blog-entry-816.html

ちなみに、「アスタリスク」と「落第騎士の英雄譚」の相似性については、一部ネット炎上するほど「盗作」騒動まで起こりましたが、双方の作者も製作者も「別に驚くような事じゃない」という静観姿勢を貫いたので、今は落ち着いたようです。

問題は今のライトノベル界の在り方で、書籍が売れない出版社にとってのドル箱なのは分かりますが、作者とタイトルだけ違って、後はほとんど同じ作品が、どれほど多いか!
とあるライトノベルが、ファンタジー大賞という言うのを行ったのですが、何と1位から10位までが全て、異世界転生チート(以前の世界の記憶を頼りに成り上がる)物語で、呆れた事があります。

その意味では先駆者?である、「とある魔術の禁書目録」の原作者で、現在では「ヘヴィーオブジェクト」の原作者でもある人は、やはりひと味違います。
マァこの人は完全なキャラクター主義で、キャラを生かすためには他の全ては、平気で無視する!ので、特に原作は読者を選ぶようです。なお、アニメとしては「〜禁書目録」よりも数段良くできている?「とある科学の〜」は、完全にアニメ・オリジナルで、アニメの企画会議で「そっちが原作やるなら、こっちに御坂美琴を寄越せ!」と、外れた方の担当が、強引に奪っていったと言われています。

ちなみに外伝とか、「〜編」とかの言葉では無く、「スピンオフ」という和製外来語を、一般化したのもこの本家を喰うTVアニメになった、「とある科学の〜」だそうです。
最初原作者は、ただ許可を出すだけだったようですが、第2期に当たって、特に冒頭の部分が本家と重なるので、第1期と本家との整合性を取りながら、第2期の展開に合わせて、改変を積極的に監修したそうです。御本人も、アニメの「とある科学の〜」に感銘を受けて、本家原作にかなり取り込んだようです。

と言う訳で、常にこの業界?は先駆者の方向性とは、別の方面に拡張する傾向があります。
現在「終物語」で盛り上がっている作者も、最後最後と言いながらまだまだ続いていますが、このシリーズは主題歌全集「歌物語」を出すようなので、一気にこちらの評価が上がりました。

http://aonow.blog.fc2.com/blog-entry-835.html

ですがさすがに原作の、この作風を真似るのは難しいようで、似せて失敗したらしいモノを除けば、2匹目のドジョウは御本人以外には、捕まらないようです。
もっともこの人も、アニメ化の力の大きさはわきまえているようで、新房監督との出会いがなければこのシリーズが、こんなに長く続くとは思っていなかったようです。

驚いたのはアニメにもなった、「めだかボックス」と言うマンガの原作者だった事です。
テナところで毎度の事のように、長くなりました。

この辺で、頭を下げつつ失礼致します。








2015/12/10 4:45 AM by HINAKA
HINAKAさんいらっしゃいませ。

最近はipadばかり触っているのですが、ブラウザーによってはコメントが読めなくて遅れました。

相変わらず濃い~お話で圧倒されます。(笑)時間が掛かると言われますが、これだけの内容ならば当然でしょう。私の方は簡潔と言うより・・・単なる手抜きです!

さて、「ヘビー」ですが・・・強力な主力兵器だけでは勝てない現実を描いたある意味リアルなお話ともいえますが、お姫様と漫才コンビの関係に「必然性」が余り感じられず、あの3人を活躍させるために設定が考えられている・・・そんな「無理やり世界観」が感じられて入り込めないと言うのが正直な所です。よく出来たCGだけに惜しいと感じます。

「GATE」はその点で無理が無く、随所で見られる荒唐無稽さもある意味ロマンチックにさえ感じるところが良いですね。紹介頂いた第六話もリアルとファンタジーのバランスが絶妙で、「図書館戦争」を思わせる全体の出来も素晴らしいです。

「アスタリスク」と「落第騎士の英雄譚」は互いに切磋琢磨してくれたらありがたいですね。(笑)ライトノベルは所詮ライトノベルと割り切って、カオスの中から湧き上がる上澄みに期待したい所です。

所で最近の私ですが、「俺がお嬢様学校に庶民サンプルとしてゲットされた件」とか言う作品を見ています。どう見てもライトノベル風の軽い作品ですが、意外と惹かれるものがあって何か書けないかと思案しています。ま、「音」の方で何かと言う事なので、さほど手間もかからないのですが、ipadからだとちょっと難しいのが考え物ですね。



2015/12/13 12:03 PM by 雪太郎

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/2350

トラックバック

▲top