雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。


Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 放送予定 | TOP | PC 不調 >>

2015.06.28 Sunday

北鎌倉で紫陽花三昧!

実は先週半ば、急に休みが取れたので妻と二人で急遽北鎌倉まで出かけてきました。時間が無くて車はコースが読み切れず駐車場なども面倒なので、時間はかかりますが電車を使いました。朝の4時過ぎに起床して出発!帰宅は7時過ぎだったかな?池袋からJRを使うより、和光市から横浜まで地下鉄と東急東横線を使ったコースを選んだのでちょっと安かったらしい。

数週間前から「行くなら今月中だよな・・・」とあれこれ考えていて、当初は長谷寺も見て(成就院は参道工事と紫陽花の植え替えで今年5月から3年間位お休み)・・・と何となく考えていましたが、無理は禁物ですので、とりあえずは北鎌倉からという事にして駅に着いたのが7時40分頃か?

駅についてまずは混みそうな明月院からと思ったのですが、高校生にしては幼い感じの学生の集団に飲み込まれて狭い歩道を歩いているうちに、左折する場所を間違えて行き過ぎてしまい建長寺の直前で引き返すことに・・・。(汗)改めて踏切の手前で横道に入って少し行くと明月院の看板があって安心しましたが、さらにその先に進むと・・・なんと行列が!!この時点で8時10分位か?50人位の先客にガードマンが二人・・・「最後尾」の看板を持ちながら、狭い道を通る地元の方の車もあるので事故防止の「声がけ」をしていました。

道の横には前日の豪雨の名残の滴を纏った紫陽花が咲いていましたが、今まで見た事もない大柄の花にビックリ・・・さすが鎌倉!


8時半に開門!入場時に拝観料500円也・・・・チ〜ン・・・。(汗)

中は、基本的に狭い谷の敷地を4段くらいに分けて使い、奥には菖蒲園と芝生を配し、中央の本堂から手前は紫陽花を主にするという構成。当然階段が多いので足腰の弱い方は辛いでしょう・・・。

ネットでも有名な山門前の石段は平日にも関わらず人波に埋もれて閉口させられましたが、あんな写真は朝一番乗りで駆け込むか、閉門直前でも狙って来ないと無理なんだ〜〜と分かったのが収穫かな?(笑)


中断の中庭には石庭(よく見ると金の蟹が)・・・本堂の丸窓の先には裏庭が・・・。


時期的に奥の菖蒲園(入園料別?)は閉鎖中で秋(12月?)まで入れませんでした。

紫陽花も満開を少し過ぎた感触で、花数も「多い」というほどではなく、「今年は今一・・・」の声も聞こえる程度の出来のようですが、平日とあってか庭師の方が作業しており、小まめに世話をしているおかげか?痛んだ花がほとんど見当たらずさすが明月院!と感心しました。

「明月院ブルー」とも言われる「青色」の姫紫陽花も多いけれど、他の色も結構あってバラエティーに富んでおり、野生のリスもいたりして都合二時間位?・・・院内を上がったり下がったりして見て回るうちいろいろ発見もできて楽しめました。





下の写真は本堂脇の裏山ですが、太い電線や禿の部分があったのでLightroomで修正してみました。ひょっとしたらこんなに凄いかも・・・という妄想画像です。(笑)


寺の名前にちなんで?境内のあちこちにうさぎの置物が置かれていましたが、生きたマスコットも3羽飼われていました。その小屋を見てから前の壁の上をフト見たら・・・いましたリスです!あまり可愛くないけど・・・鳥の餌台を荒らしに来たリスですね。(笑)


木漏れ日の中、葉裏に隠れて光っていた紫陽花です・・・。


トイレの前の鉢植えも中々・・・。


入口すぐの階段ですが、木漏れ日がキレイ・・・。


これが入口裏の木陰・・・外は日差しが強く暑かった・・・実はこの写真の中にもうさぎが・・・。





紫陽花の一つ一つが丁寧に扱われていて気持ち良さそうでした・・・。


素敵な休憩処もありますが、花の管理やガードマンも配しての整理などを考えると、規模の割に高いとも感じる拝観料(他は2〜300円)は仕方がないでしょう。あえて言えば、北鎌倉の観光客の喧騒を一手に引き受けて頑張っている感触もありますしね。(笑)

外に出ると時間的には11時頃?中途半端なので一旦駅側に引き返して浄智寺を拝見して、布袋様の「腹」を撫でて散策・・・。(笑)

コチラは浄智寺の山門・・・。


本堂の鄙びた感触が良し・・・。


布袋様・・・鎌倉や江の島一帯の七福神の一つらしい。


本堂の窓・・・秋は良さそう・・・。


外に出ると時間はお昼時・・・レストランはどこも混んでいそうなので、とりあえずコンビニで腹ごしらえし、朝に近くまで行った建長寺を参拝してから途中の長寿寺を外から覘き、駅東側の円覚寺を経て最後に東慶寺まで・・・北鎌倉をグルリと一周回って夕方4時頃の電車に乗りました。距離的には南北2キロ位の範囲を1.5周位した感じかな?

臨済宗建長寺派の大本山だという建長寺は巨大な建物群が並んで圧倒されます。


本殿?の一部には座禅用の大広間、裏には広大な庭園・・・さすがは大本山です!


実は、この庭園の裏、さらに奥まで行ってみて、裏山の上の木陰で昼寝をしてきました。(笑)


次の長寿寺は土日しか入れなかったので山門の「外」から見えた庭の百合と・・・道路沿いの斜面に咲いていた紫陽花でも。(汗)





北鎌倉駅の東側の広大な斜面に広がってる円覚寺も、建長寺同様に臨済宗円覚寺派大本山で大きな建物が並んでいました。元々はお寺が作った学校が隣にある元気な建長寺に対して、幼稚園も構える円覚寺はちょっと大人の雰囲気かな?(笑)座禅部屋や写経部屋、庭園もありました。


紫陽花はさほど目立つものがなかったのでアチコチ探すことに・・・。


有名な茶室もあり、脇の庭で冷たいお茶をいただきました。


とにかく日差しが強く、木陰がうれしい・・・。


3時も過ぎた頃?山門を出て、鉄道沿いの山の中腹に沿って歩きました。円覚寺の草庵の前の道や階段を歩いて行くと、途中にはこんなものも・・・これは何???。


進むうちに斜面を下り、何だか見覚えのある駅沿いの道に出たので、踏切を渡って最後の東慶寺に・・・。

着いてみると人っ子一人いない・・・。

はずは無く・・・実はこれ、通りかかった時に撮ったものです。(笑)

時間的にも拝観者は少なくて快適でした。タイミングを狙うと他の人は入りません。


紫陽花も結構ありましたが、半夏生なども見られ「自然な庭」の雰囲気です。


ガクアジサイ?・・・じっくり見るとキレイ・・・。





薄暗い墓所の中・・・。


東慶寺のHPを見ると有名人のお墓が沢山あるらしいが、個人のお墓をマジマジ見るのもどうかと思えてほとんどスルー。しかし、このお墓は・・・墓誌が新しいようだったけれどあまりに綺麗でおもわず・・・。


帰る頃の山門はこんな感じ・・・平日です・・・。


北鎌倉は古くからある禅寺が多く、洗練された観光地の寺社とは違って質実剛健な気風を感じます。明月院は「観光寺院」として別格として、建長寺や円覚寺は規模も大きく、禅宗本来の「修業の場」の側面も今だ保っているようでした。対して浄智寺や東慶寺は規模も小さく、ショップ等を構えるところもありますが、個人のお墓もあって地元に密着した「お寺さん」の雰囲気もありました。海の見えない鎌倉、谷間に点在する寺院の町として鎌倉ブランドの中ではちょっと特異な場所なのかどうか?他の様子も知らない私には分かりませんが、静かな平日のひと時を過ごすには良い場所かと思えました。

あ!そうそう、一つ忘れていました!

駅近くの崖をくりぬいたトンネル・・・危険なため「通行禁止」になってました!!通りたかったのに残念!!(笑)通りかかった寿司屋さんの入り口には保存運動(緑の洞門保存運動)のポスターがあったようで、地元の方々も色々考えているようでしたね。次に行ったときは是非通りたい・・・そうだあきらの通学路の階段も探そう!(笑)

来年はもう少し早めに行こうかな・・・。




2020.10.25 Sunday

スポンサーサイト


14:02 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top