雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。


Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夏の終わり | TOP | 放送予定 >>

2014.08.23 Saturday

X-Rite ColorMunki Smile

---
X-Rite
¥ 11,866
(2013-04-05)
コメント:X-Rite ColorMunki Smile

ヤフオクを見ていてポチリとやったら落札してしまった・・・。(笑)

『デスクトップまたはラップトップパソコンのLCD及びLEDのモニタキャリブレーションをシンプルな操作で行うことが出来ます。各種設定を行う必要が無 く、あらかじめセットされた設定にキャリブレーションを行うことが出来ます。エックスライト社のプロ仕様のカラーキャリブレーションソリューションと同じ カラーエンジンテクノロジーを採用し、キャリブレーションの適用前と適用後を比較表示することが可能です。 』
〜amazon

X-Rite社というのは「色」に関するあらゆる需要に応えることができる世界企業らしく、古くから有名なマンセル社パントーン社も関連会社に持っているらしい。色の、文字通りの「世界標準」の2社を要する同社が発売するこの製品・・・悪いはずはないと思います。

マンセルと言えば色を表す際の体系の代名詞であり、パントーンと言えば日本の「DIC」と共に「色見本」の代名詞です。昔、仕事の関係で大変お世話になったので懐かしい・・・。(笑)

で、何故にこんなものをと言うと・・・デジカメとパソコンで写真をやっているからには「必須」だからです。具体的に言うとこれを使わないと正しい色が分からないと言う事。自分のパソコンで「綺麗だな〜」と思っても、プリントアウトしたり、ネット上にアップした画像をよそのパソコンで見ると色が違って見える、微妙に色が「違う」というのはあって当然で、それが嫌ならこの手の商品を使うしかないと言う事です。

分光測色計というらしいこの製品、以前から気にはしていたのですが、値段(2万円前後が多い)の割に使用頻度が低いと思われて躊躇していました。今回は、元値がそれまでの商品の半額という低価格で、しかもあれだったので入手に至った訳です。(汗)

冒頭にamazonの説明を引用しておきましたが、使い方は正にあれだけです。(笑)

CDからソフトとドライバーをインストールして起動すれば、後はボタン1クリックだけで完了です!それ以外何も無し!!

実際にやってみたところ・・・かなり色が変わってビックリ!

元々「クリームホワイト」よりやや「青みがかった白色」が好みだったのですが、そのことがはっきりと示されて、直近でアップした写真を現像からやり直したほどです。どれも色温度が5500Kくらいを500ほど下げたのですが、それだけ変な色のモニターで見ていたと言う事です。(汗)

安いだけにできることは最小限です。プロファイルを作成して好みに応じて使い分けると言う様なことは無理・・・凝ったことをしたくてもできない仕様・・・だから安いと言う事ですね。

モニターの色が安定しない、変わりやすいと言う事が無ければ数か月に一回、いや年一回でも良いのか?良く分かりませんが、結果に対する安心感を考えると1台は欲しい機器で、
RAW現像しかしない、Lightroomも使っていると言う様な人、本気で写真をやりたいと言う方ならお勧めです。

上手下手は・・・全く関係ありません!(笑)





2020.10.25 Sunday

スポンサーサイト


20:47 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top