雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。


Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 放送予定 | TOP | 「マーラー全歌詞対訳集」 >>

2014.02.23 Sunday

凍み渡り

昨日も仕事・・・実は雪の影響です。もともと遅れ気味だった予定を挽回するべく、先週先々週と休日出勤のはずだったのに、ともに雪のためオジャン!人手が足りず仕方なく私も引っ張り出されることに・・・最後の雪景色でもと思っていたのですが・・・。

雪も「人間の」節度を超えると災害になります。積もった新雪の上に雨が降り、流れることなくスポンジの様な状態で凍りつく・・・車や屋根がつぶれる位は当然予想できましたが、仕事や生活にここまで影響が出るとは思いませんでした。我が家も車の修理(ABSのセンサーがご臨終・・・その他)などの臨時出費で数万円の被害になりそう・・・。2014年東日本雪害とでも名付けられて記憶されるのかもしれませんね。

そうは言いながら、今日位が最後と思われる雪景色ですのでカメラ片手に散歩してきました・・・。

田んぼや畑・・・開けた南向きの斜面はかなり消えて残っていても5僉腺隠悪冂度かな?


しかし、日陰の場所には30僂曚匹了沈磴癲ΑΑξ咾虜櫃両道は除雪もされていず、長靴で歩くにうってつけの状態です。


固く締まった雪は私が乗っても大丈夫!どこでも歩いて行けそうですが、まわりは全て「他人の土地」ですからそうもいかないか・・・。(汗)


一日中日陰?の沼には厚い氷が!!


見た目で10儖幣紊呂△蠅修ΑΑΑ足を踏み入れたいという誘惑が・・・。(笑)


道端の雪もよく見ると面白い・・・クレバスだって何だって撮れそう・・・。(笑)


梅も満開です。


裏道を選んで行くとあちこちでこんな光景が見られて楽しい。


いまだ普段の生活に戻れない方や、農家など被害の大きさに茫然とされている方も多いのも現実ですが、寒いからと家に篭っているのももったいないです。近所に公園などがあるならば出かけてみたらどうでしょう。

思い返せば子供のころ、どこまでも続く残雪の上・・・裏山の中腹まで駆け上がって遊んだ日々が懐かしく思い出されました。「凍み渡り」と言ったかな?関東のこの地でできるとは思いもしなかったのでちょっとうれしい一時でした。願わくば・・・「月下の雪景色」が撮りたいところですがそんな元気は・・・無いかな?(笑)





2020.10.25 Sunday

スポンサーサイト


09:58 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top