雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 廣嶋 玲子「火鍛冶の娘」 | TOP | 放送予定 >>

2011.11.25 Friday

紅葉の色々

さて色々・・・。(笑)

紅葉も様々な種類がありますが、最初から赤っぽいヤツもありますね。これがどう変わるのか良く分りませんが、とりあえず撮ってみて・・・Lightroom3で細工を・・・明瞭度を下げ、黒レベルを上げ、特定の色を強調・・・ブラシも使ってやりたい放題!(笑)

全体が地味なので、少しだけ混じった真っ赤な葉を強調してみます。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

正統派の紅葉も良い感じ・・・背景の緑との対象を狙いますが、手前がちょっと煩いか・・・。(汗)

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

枯れ葉が少ないので意外とこれ位がベストかも??真っ正面から日差しを受けた完全な「影」ですが、葉っぱの色が最高に映えます。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

この木は赤くなるのか???黄色いままなのか???ですが。どちらにしろ、木漏れ日が綺麗です。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

影の中ですが日の当たる場所を探してパチリ・・・。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

色は完璧!痛みも少なくて良い。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

キラキラ・・・。(笑)

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

緑がかった葉っぱも入れて変化とつけてみる・・・。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

日が陰ってしまい撮ったままだと使えないものも、「素材」としては充分!

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
ちょっと着物の柄みたいで綺麗でしょ?

こちらも使えます!!

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

帰る頃には雲が広がってきて、いかにも夕暮れ風になったのですが、遠くに見える木々が北国風?だったので撮ってみました。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
実際より更に暗くして明瞭度も下げると・・・まるで北海道?(笑)

ま・・・色々と色々が楽しめましたね。(汗)


さて・・・今朝は気温1度でした・・・明日はもっと冷えそう??白鳥でも撮ってみようか???・・・・と、迷います・・・・。(大汗)

皆様も如何ですか???

2019.08.25 Sunday

スポンサーサイト


21:34 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/1954

トラックバック

▲top