雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ゴーストハント2 | TOP | お土産 >>

2006.10.13 Friday

「プリンセス・プリンセス」ドラマCD 第3巻

TVアニメーション プリンセス・プリンセス ドラマCD 第3巻
TVアニメーション プリンセス・プリンセス ドラマCD 第3巻

1. 「姫と料理と体育祭」1.体育祭の優勝商品
2. 「姫と料理と体育祭」2.『姫』からのプレゼント
3. 「姫と料理と体育祭」3.『先代坂本様』は心配性
4. 「姫と料理と体育祭」4.裕史郎のヒミツ
5. 「姫と料理と体育祭」5.『姫』の手料理
6. 「姫の休日」1.一週間の休み
7. 「姫の休日」2.“普通”の学園生活
8. 「姫の休日」3.休みを満喫?
9. 「姫の休日」4.全員一致!
10. 「姫の休日」5.本物の『姫』

第3巻です。う〜〜ん・・・・中々良いんですよこれが・・・。(笑)

今回は、前半が体育祭での「姫」達のお仕事とそれに関わるエピソードですね。
後半は、「姫」達の活動に対する「感謝」の為に与えられた「休日」のお話。

生徒会役員たちの有定に対する熱狂ぶりや、男子達の「姫」達に対する入れ込みぶりがアニメ以上に強烈です。(笑)名田庄もさらに大袈裟!!(笑)

BGMもふんだんに入っているので、絵が無いだけでほとんど第13話か第14話って感じですね。話の展開もよく考えられていて飽きません。最後の方なんか結構感動的なんですよねこれが。(笑)

うん。これなら納得です。アニメでは言い足りなかったところを補う、という面もあるように感じます。ファンなら文句なくお薦めします。グッド

2017.11.19 Sunday

スポンサーサイト


19:08 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukitarowww.jugem.jp/trackback/177

トラックバック

▲top