雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.05.29 Thursday

ライヴ・イン・ジャパン SUPER DELUXE BOX(初回限定盤)(DVD付)

ディープ・パープル
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 19,429
(2014-05-28)

う〜ん・・・・・悩む・・・・。

20,000円か・・・・・限定盤か・・・・。

う〜ん・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ポチリ

とやりたいな・・・。(笑)







2013.10.12 Saturday

Stanley Cowell 「Travellin' Man」

評価:
Stanley Cowell
Black Lion
¥ 3,917
(2005-08-01)

久しぶりに・・・JAZZ等を・・・。

昔は良く聞いたのですが、オペラに嵌って以降はさっぱり・・・。

JAZZ界の状況も分からず、た〜まに聞く以外はここ数十年間御無沙汰でした。

それでも、印象的なフレーズが時たま頭をよぎる事もあって気にはしていました。

とんでもなく急速調の入りで、これぞインタープレイ!!という見本のような曲・・・。

演奏者もうろ覚えで、時々思い出しては検索したりしていたのですが、つい先日ついに発見してしまったのです!!

物は・・・Stanley Cowell の 「Travellin' Man」というアルバムです。

このアルバム自体の記憶(LPのジャケット写真もアルバム名も)は全く無いのですが、雨林でDLして聞いてみたら確かにあの曲(1曲目の Departure )、あのアルバムでした。

改めて聴いても、他の曲も含めて1曲1曲についての個性がはっきりしていて、あのころの感触が完璧に蘇って我ながら驚きです!!

MP3だと全8曲で800円です。

視聴もできますのでお勧めです!







2011.09.01 Thursday

NHK−FM もネットラジオで配信!

ふと気付いたら・・・NHK−FMがネット配信されていました。

 NHKネットラジオ らじる★らじる


ラジオ第1(R1)・ラジオ第2(R2)・FMの3波の番組がそのまま配信されるらしい。9月1日スタートと言う事で、早速NHK−FMの「ベストオブクラシック」を聞いたみたら・・・結構良い音しています!

ストリーミング配信
なのでPCへの保存は出来ず、音声フォーマットも分りませんが、MP3等と比べると全く別物の高音質で普通に聞くにはこれで充分の素晴らしい音です。

ただ、一部マニア層の方にとってはどうなんだろう???

手元のFMチューナーによる「FM波」の音と比べると・・・微妙な雰囲気が聞きとり難いような気がする。でも、電波状況の悪いFM波を我慢して聞くよりは遥かに良いかも知れないな・・・デジタル配信らしくちょっと音が遅れてるみたいだけど・・・。

NHKの放送予定を見ると、明日(9月2日)のベストオブクラシックは権利上の理由により配信できないらしい。こういう細かな配慮も出来るんですね・・・。(汗)

「国内限定配信」「平成25年度末まで試行し、改善効果を検証します」

とのことなので先のことは分りませんが、スカイツリーがそそり立ち、アナログTV放送が終わってFM波はどうなるのか???の情報が無く、電波状況も年毎に悪くなるので心配していたのですがちょっと安心しました。

より高音質で安定した配信が出来るようになると良いですね。

さて・・・録音しておいたやつをもう一度聞き比べてみようかな・・・。(笑)

2011.05.04 Wednesday

SONGS FOR JAPAN

今日の新聞に一面を使った広告が出てましたね。久々に帰宅した上の娘が「あ〜買い忘れた!」と言い出したので夕食後に買ってきてあげました。TSUTAYAは・・・売り切れ・・・2店目でゲット!!

言わずと知れた震災関連のチャリティーアルバム。8ページの曲目リストは英文のみ。72ページの和文ブックレットには9ページにわたる曲目解説と全曲の歌詞対訳が収録されていて非常に良心的な構成。これで2,000円というのは破格のバーゲンプライス?!!

2枚のCDには賛同した欧米有名歌手たちの作品37曲がズラリですが・・・ハッキリ言って・・・全く知らない人がほとんどです・・・。(汗)

昔のように印象的なメロディーを書ける人があまりいないような気がするが、何度も聴けばそれなりに良さが分るのでしょうね・・・従って・・・特にコメント無し!(笑)

おっと・・・一人だけ・・・。

Josh Grobanて何者???凄く良いぞ!!!

You tube にこのアルバムと同じと思われる音源がありますので聞いてやって下さい・・・。


いまだ1万人以上の行方不明者がいるという現実に対して、無力感や罪悪感を抱く人、焦燥感に駆られる人・・・それぞれの置かれている立場、境遇によって感じ方が異なるのは当然のこと。それぞれの思いをどう行動に結びつけるかが大切。今自分に出来ることはないか?日々考えながら生きていく・・・大した事は出来なくとも・・・日々考えながら・・・。

ポピュラー音楽が好きな方だったら、これを購入するのも一つの答えでしょう・・・。


1曲目・・・ジョンレノンの「イマジン」を改めて聴く・・・・。

何と美しい曲であり歌詞なのか!正にこのアルバムのコンセプトそのもののような世界です・・・。

しかし・・・TVには・・・一人の異国人の「死」に、喝采を叫ぶ人々の姿も映る・・・・。

天国と地獄を同時に垣間見せるかのような「今」という時代を、我々はどう受けとめ、どう生きたら良いのか?

様々な思いに、耽らずにはいられない・・・2011年・・・あまりにも穏やかな春の一日・・・。

歌詞を読みながら聴いてるとメッセージ性の高い曲が多い事に気付きます。それぞれの歌手の心遣いに思いを馳せながら・・・しばし聴くべし・・・。

2011.01.28 Friday

聴けば嵌る?切な系ジャパニーズロック!「UVERworld in 東京ドーム」

娘が「友達から回ってきた」と言ってBDをかけました・・・WOWOWで放送されたライブを録画したものらしい。

我家はWOWOW入ってないから「見られない〜!」と泣いていたヤツですね。(笑)

娘がファンクラブにも入っている「UVERworld」の、東京ドームでのライブで、ひょっとしたら「私も映ってるかも〜」というので見始めたら・・・これが中々良い!

最近のNHKなどでも結構頻繁に取りあげられているこのバンドですが、少々ウルサイながら、妙に叙情的で・・・ちょっと不良っぽくて・・・それでいて結構真面目・・・独特のUVERワールドを感じさせてくれるバンド。いわゆるメジャーなバンドと違って本音全開のMC等も聴けて、若い人は親近感を覚えるらしい。叙情的なメロディーラインに、あおりにあおるライブパフォーマンスも魅力!

カッコ良いけどカッコだけじゃない!?

「切な系ジャパニーズロック」という感じが中々良いです。

2010.11.28 Sunday

創立50周年記念 埼玉交響楽団第65回定期演奏会

久しぶりにあの楽団のご近所コンサートに行ってきました。前回から2年半も経っている???(笑)

一応公演の案内葉書は来るのですが、プログラムが好みに合わないとか、都合が悪いとかあってこんなに経ってしまったのですね。少しは成長したかな?という期待もあって出かけてみました。


創立50周年記念 埼玉交響楽団第65回定期演奏会

熊谷文化創造館さくらめいと 「太陽のホール」

開演 :14:00  開場 :13:30

指揮 :久住純信

ピアノ :田部京子

曲目 :レオノーレ序曲第3番

   ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番

   チャイコフスキー/交響曲第5番

料金 :全席自由  前売券/1,000円  当日券/1,300円

数年前のコンサートではソリストの関係でか?売り切れ!で入れなかったので、今回は事前に「ぴあ」で購入しておいたのですが、開演1時間前に到着したらすでに並んでいる人が結構いて、また完売?と思いましたが、最終的には・・・九分の入りという感じでした。

今回はピアノコンチェルトの独奏者が、あの田部京子さんですから期待も大いに盛り上がります!!

開演2時。席はいつもの二階席中央。ステージ中央には、コンサートグランドピアノがすでにデンと鎮座しています。スタインウエイD-274かベーゼンドルファー記念モデル225のどちらか?・・・ヤマハじゃないと思うけど・・・遠くて字が見えなかった・・・。(笑)

1曲目はおなじみ「レオノーレ序曲」。とにかくカッコ良いこの曲ですから勢いに乗って演奏出来ればOK!のはずですが・・・・う〜ん・・・。(汗)

中々・・・難しい曲です・・・緊張がモロに音に出ていて、恐る恐る弾いてる感触の音・・・これぞアマチュア!と言う音です。(汗)後半になって何とか勢いが出てきて丸く収まったかな?という感触です。ステージ裏からのファンファーレなど小技も見せてくれましたし・・・ウォーミングアップと言うことにしておきましょうね。(笑)

2曲目は大曲「ピアノ協奏曲第3番」です。

エメラルドグリーン?のドレスをまとった田部さんが登場すると舞台の雰囲気も一変!凄いオーラです!!(笑)吉松 隆のプレイアデス舞曲集がお気に入りの私ですから期待は高まる一方だったのですが・・・結果的には・・・私には猫に小判でしたね・・・要するに眠かったと言う事です。(笑)

田部さんの演奏は堂々としたもので多分素晴らしかったのか??上蓋全開のピアノが奏でるフォルテではオケの音を消すほどのものでしたし、オケもまずまずの演奏だったと思いますが、いかんせん曲が地味・・・というか私には魅力が分かりませんでした!所々聞き覚えのある部分もあったけど基本的にありがたいお経・・・ベートーヴェンの芸術は、私などには理解しがたい存在なのかもしれませんね・・・。

それでも田部さんの存在感は凄いものでした。多分、当日始めてオケと合わせただけのぶっつけ本番(事前に2回ほど、お弟子さんが音合わせに来ていたらしい)だと思いますし、ギャラもそれなりのものだとは思いますが、よくぞのこ地においで下さった!!とただただ感謝・・・拍手に応える田部さんは女神様みたいに輝いていました。(笑)

休憩後のメインディッシュはチャイコの五番!!

これも期待が高まりますが・・・難しそうですよね・・・。(汗)

しか〜し・・・・出来は良かった!!素晴らしかった!!(笑)

ま〜・・・アマチュアとしては・・・という注釈は当然付きますが、細かな傷は沢山ありながら、全四楽章懸命に弾いてくれました!そして、何より血湧き肉躍るのこ曲の魅力が充分に伝わる熱演だったと言えます!!

細かな事は言えるレベルの私ではないので割愛しますが、まず音の出だしからベートーヴェンとは別物でした。音楽の「感触」が楽団員一人一人に浸透している感じで、細かな部分でも大きな流れでもそれなりに決まっているのです!ミスは当然ありますが致命傷にはならず、全体の流れは淀みなく・・・かなりテンポを落とした部分も多いのですが、変拍子が連続する四楽章ですら何とか弾ききってくれて正直驚きましたね!!

ホルンのソロやフルート、ファゴットなどもまともな音で鳴ってくれてビックリ!弦のアンサンブルもまずまずのレベルで「音楽」を楽しむには不足はありません。あちこちでひやりとすることはあっても、それがかえって刺激になって、最後には背中まで真っ直ぐにして聴き入っていましたね。(笑)

いや〜チャイコの五番てこんなに刺激的だったのか?!!とある種感動しました!(笑)

そして・・・会場熱狂のフィナーレに続いてのアンコールはシベリウス・・・。

フィンランディアの弦楽パートだけ?という感じの叙情的な曲で、いかにもウォームダウンにピッタリですが・・・驚いたのは弦の、しっとりとした深〜〜い音。1曲目の音は何だったのか?というような音が素晴らしかったですね・・・「アンダンテ フェスティーボ (弦楽合奏版)」という曲らしい。

それにしても、今回はベートーヴェンとチャイコフスキーの肌合いの違いに驚かされました。ベートーヴェンて結局は素肌美人、飾らぬ純朴な人柄という感じの音楽ですね。小手先のテクニックでは歯が立たない、実に厳しい音楽です。対してチャイコフスキーは、ハッキリ言って厚化粧!(笑)濃厚な表情付けにはタジタジ・・・圧倒されます!(汗)

CD等を聴いているだけでは何とも感じなかったのに、今日の演奏会での対照的な演奏では如実にそれが示されていたと思います。やはり実演は良いですね!!

という訳で、久しぶりの生音を聴いてきました。

アマチュアでありながらこれだけの演奏をしてくれたのは正直予想外でしたし、1000円の料金も充分に元がとれたと思います。(笑)ベートーヴェンの難しさも実感できましたし、田部さんのオーラにも瞑目させられましたし、何よりチャイコの五番の圧倒的な演奏は・・・明日への活力にもなりそうです。(笑)

次回は来年5月。曲目はメンデルスゾーンの「スコットランド」とシューマンの「春」です!

今から楽しみです・・・。

2010.11.28 Sunday

放送予定

日の出が遅い!遅すぎる!!(笑)

クラシック倶楽部はコチラ

11/28 (日) 23:00 〜 23:30 (30分) BS朝日(Ch.5)
題名のない音楽会 「第20回出光音楽賞受賞者ガラコンサート」

2010年11月29日(月) 午後7:00〜午後7:45(45分) BShi ステレオ字幕放送
クラシックミステリー 名曲探偵 アマデウス「チャイコフスキー“白鳥の湖”」。

12/2 (木) 2:29 〜 3:29 (60分) 日テレ(Ch.4)
深夜の音楽会〜読響Symphonic Live

2010年12月 2日(木) 午後0:30〜午後2:00(90分) BShi ステレオ
プレミアム8<人物>「佐渡裕 バーンスタインを語る」

2010年12月 3日(金) 午前5:35〜午前6:00(25分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都(10)「“ロメオとジュリエット”第1幕ジュリエットの部屋」。

2010年12月 3日(金) 午前10:00〜午前11:40(100分) BS2 5.1ch
クラシック倶楽部 N響コンサート −第1684回N響定期公演−

2010年12月 3日(金) 午後10:25〜午後10:50(25分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都(11)「“ロメオとジュリエット”第1幕バルコニーのパ・ド・ドゥ(1)」。

2010年12月 3日(金) 午後11:00〜 4日午前2:39(219分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
芸術劇場 − びわ湖ホール公演 楽劇“トリスタンとイゾルデ”全3幕 −

2010年12月 5日(日) 午前6:00〜午前7:40(100分) BShi 5.1ch
クラシック倶楽部 N響コンサート −第1686回N響定期公演−

2010年12月 5日(日) 午後9:00〜午後10:00(60分) 教育/デジタル教育1 Bモード
N響アワー − プレヴィン・プレイズ・ガーシュウィン −



FMは・・・。

2010年11月29日(月) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック・セレクション −フォーレ四重奏団−

2010年11月30日(火) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック・セレクション −パノハ弦楽四重奏団演奏会−

2010年12月 1日(水) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック −ティル・フェルナー ピアノ・リサイタル−

2010年12月 2日(木) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック −渡辺克也 オーボエ・リサイタル−

2010年12月 3日(金) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック - パシフィック・ミュージック・フェスティバル2010 -

2010年12月 4日(土) 午後6:00〜午後9:00(180分) FM ステレオ
N響演奏会 −第1688回NHK交響楽団定期公演−シャルル・デュトワ指揮!

2010年12月 5日(日) 午後2:00〜午後6:00(240分) FM ステレオ
サンデークラシックワイド −海外コンサート−ショパンとシューマンの生誕200年によせて。

2010年12月 5日(日) 午後6:00〜午後6:50(50分) FM ステレオ
現代の音楽 −東京シンフォニエッタ 第27回定期演奏会から−(2)

2010年12月 5日(日) 午後7:20〜午後9:00(100分) FM ステレオ
FMシンフォニーコンサート −東フィル 第781回サントリー定期シリーズから−小林研一郎指揮で「我が祖国」!!


初めて聴くびわ湖ホールのトリスタンが要注目か?

滋賀・「びわ湖ホール」は、1998年に開館した日本有数の舞台芸術専用のホール。初代の芸術監督、故・若杉弘のもと意欲的な作品を次々と上演し存在感を 示してきた。2007年からは、沼尻竜典が芸術監督に就任し、より洗練されたレパートリーで、オペラファンに注目されている。地方にあって、高いレベルの 活動を続ける
(〜NHK−HP)

吉田都の「・・・レッスン」も・・・。

2010.11.22 Monday

「英国ロイヤル・バレエ日本公演 『ロメオとジュリエット』全3幕」

今日は雨・・・家族は会社や学校なので一人家でノンビリ過しました。

午後は、先日録画しておいた「英国ロイヤル・バレエ日本公演 『ロメオとジュリエット』全3幕」を観ました。

<演目>
バレエ「ロメオとジュリエット」全3幕(プロコフィエフ)
<振付>
ケネス・マクミラン
<出演>
ジュリエット:吉田都
ロメオ:スティーヴン・マックレー
ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド
べンヴォーリオ:セルゲイ・ポルーニン
パリス:ヨハネス・ステパネク ほか

英国ロイヤル・バレエ団
<管弦楽>
東京フィルハーモニー交響楽団
<指揮>
ボリス・グルージン
<収録>
2010年6月29日  東京文化会館(東京・上野)
(〜NHK−HP)

この公演、バレーファンの間では吉田都の同バレー団での最後の公演としても注目されていたようですが、バレーとは無縁で生きてきた私にとってはほとんど猫に小判(笑)。どちらかというとプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」の全曲が聴けると言う事の方に興味があったというのが正直な所でした。組曲版は結構聴いた記憶があり、美しくもエキセントリックな曲の魅力は知っていますが、全曲というのはバレーの公演でも無ければ聴けませんからね・・・。

と言うわけで、お昼を食べ・・・横になって・・・という、実にふとどきな鑑賞態度(笑)で見始めたのですが・・・案の定、冒頭のインタビューはほとんど夢の中でした・・・。(汗)

が・・・幕が開いてしばらくすると・・・何となく目が覚めて見入っている私・・・。

以前、アニメ「BLUE DROP」の関連で、原作であるシェークスピアの「ロメオとジュリエット」の本を購入して読んだ時も、予想に反して凄いお話で驚きましたが、今回の放送も凄かった!

画面にはほとんどオペラ?という感じで茶系統の配色の豪華な舞台、黄色やピンク系統の淡いの色調の優雅な衣装を纏ったバレリーナ達、正にノーブルというにピッタリの舞台が繰り広げられました!!

ステレオからちょっと大きめの音を出しながら聴いたら実に素晴らしい!雰囲気満点です!!

バレーですから音楽に合わせて踊るだけ・・・それだけのはずなのに、ダンサーの表情が豊かで、観ているだけでお話の筋が良く分かります。曲の細かな旋律にピッタリとシンクロし、時に優雅に、時にユーモラスに踊るバレー団の演技は正直驚きでしたし小柄な吉田都が「13歳のジュリエット」にピッタリでちょっとうろたえました。(笑)

英国人振付家ケネス・マクミラン(1929-1992)の振り付けは優雅さと人間臭さを共に表現しながら、後半では、悲しみに暮れる登場人物の激情も見事に表現していました。第二幕後半の決闘からティボルトの死、そして、甥の死を目撃したキャピュレット夫人?の嘆きの場面は、会場の聴衆も息を飲むかのような劇的迫力に満ちていました。更に、最終場では・・・プロコフィエフの壊れた音楽に合わせたように、ジュリエットの亡骸を抱えて泣きながら踊り狂うロメオ・・・そして・・・哀切な・・・ジュリエットの死・・・。

いや〜・・・バレーって凄いんですね・・・。(汗)

オペラの場合、歌手の出来が舞台の正否を分けますが、バレーは歌手の「喉」ほどには不安定要素が無く、ダンサーに「演技」を要求するマクミランの演出と、さらには、音楽が一層雄弁であることもあってか?歌詞の助けは無くとも、かなり感情移入ができて・・・いつしか・・・涙が・・・。(大汗)

幕が下りてからのカーテンコールはバレー団や聴衆が一体となり、最後の舞台を勤め上げた吉田都への暖かな歓声に満ちた滅多に観られないほど感動的なフィナーレでした。

2時間20分程にもなる大作ですが文句なく保存です!後日、最初のインタビューも含めて、もう一度ジックリ見ようと思います。

いや〜ロメオとジュリエットって素敵な物語だと、つくづく思った雨の休日でした。

2010.11.21 Sunday

放送予定

目が覚めたら七時!!

いや〜日の出が遅くなって早起きができなくなってきましたね。(汗)

クラシック倶楽部はコチラ

2010年11月22日(月) 午後7:00〜午後7:45(45分) BShi ステレオ字幕放送
クラシックミステリー名曲探偵アマデウス「モーツァルト“ピアノ・ソナタ イ長調」。

2010年11月23日(火) 午前0:00〜午前2:35(155分) BShi 5.1ch
華麗なるメトロポリタンオペラ 歌劇「トスカ」 プッチーニ作曲

2010年11月24日(水) 午前0:00〜午前3:00(180分) BShi 5.1ch
華麗なるメトロポリタンオペラ 歌劇「アイーダ」 ヴェルディ作曲

2010年11月25日(木) 午前0:00〜午前2:30(150分) BShi 5.1ch
華麗なるメトロポリタンオペラ 歌劇「トゥーランドット」 プッチーニ作曲

2010年11月25日(木) 午後8:00〜午後9:30(90分) BShi ステレオ
プレミアム8 知る楽インタビュー 佐渡裕 バーンスタインを語る 。指揮者・佐渡裕が丸一日、NHKのスタジオにこもり、マエストロと過ごした貴重な体験の日々を語り尽くした。こだわり人物伝の再編集版でしょうか?

2010年11月26日(金) 午前0:00〜午前3:05(185分) BShi 5.1ch
華麗なるメトロポリタンオペラ 歌劇「ホフマン物語」 オッフェンバック作曲

2010年11月26日(金) 午前5:35〜午前6:00(25分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都(9)

2010年11月26日(金) 午前10:00〜午前11:54(114分) BS2 Bモード
クラシック倶楽部 マイスター・アールト・ロマンティカー・オルケスター演奏会

2010年11月26日(金) 午後10:25〜午後10:50(25分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都(10)

11/27 (土) 18:30 〜 19:00 (30分) BS朝日
題名のない音楽会 「第20回出光音楽賞受賞者ガラコンサート」。【受賞者】荒 絵理子(Ob)、河村 尚子(Pf)、三浦 文彰(Vn)、宮田 大(Vc)。

2010年11月27日(土) 午後10:00〜28日午前2:00(240分) BShi 5.1ch
プレミアムシアターNHK音楽祭2010 ニコラウス・アーノンクール指揮、アンドレ・プレヴィン指揮 NHK交響楽団演奏会

2010年11月28日(日) 午前6:00〜午前7:40(100分) BShi 5.1ch
クラシック倶楽部 N響コンサート −第1684回N響定期公演−

2010年11月28日(日) 午後9:00〜午後10:00(60分) 教育/デジタル教育1 Bモード
オーケストラの森 − 創立30年 新たな名前で次の時代へ〜大阪交響楽団〜 −


FMは・・・。

2010年11月22日(月) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック・セレクション −レーピン バイオリン・リサイタル−

2010年11月23日(火) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック・セレクション −上原彩子 ピアノ・リサイタル−

2010年11月24日(水) 午後7:00〜午後9:10(130分) FM ステレオ
ベストオブクラシック −第1687回NHK交響楽団定期公演−。サントリーホールからの生中継!

2010年11月25日(木) 午後7:00〜午後9:10(130分) FM ステレオ
NHK音楽祭2010 −パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団−。NHKホールからの生中継!

2010年11月26日(金) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
ベストオブクラシック・セレクション− ピエール・アンタイ チェンバロ・リサイタル −

2010年11月27日(土) 午後7:20〜午後9:00(100分) FM ステレオ
名曲リサイタル(オーボエ)山本直人(オーボエ)宮澤香(イングリッシュホルン)小室真美(イングリッシュホルン)小木曽栄里子(ファゴット)桑原真知子(コントラファゴット)冨士川健(ピアノ)水村さおり。

2010年11月28日(日) 午後2:00〜午後6:00(240分) FM ステレオ
サンデークラシックワイド−第1682回 N響定期公演 歌劇“アイーダ”  他−ネルロ・サンティ指揮でのアイーダ全曲(NHKホール)とオペラ曲集(サントリーホール)。

2010年11月28日(日) 午後6:00〜午後6:50(50分) FM ステレオ
現代の音楽 −東京シンフォニエッタ 第27回定期演奏会から−(1)



今週の話題はやはりこれ

「華麗なるメトロポリタンオペラ」放送!

ですね。(笑)とても濃い〜〜重量級の作品が多くてちょっと考えてしまいますが、気が向いたら見てみましょう。

2010.11.13 Saturday

放送予定

段々と冬らしくなってきました。早朝のお散歩はちょっと・・・。(汗)

クラシック倶楽部はコチラ

2010年11月19日(金) 午前5:35〜午前6:00(25分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都(8)

2010年11月19日(金) 午前10:00〜午前11:40(100分) BS2 5.1ch
クラシック倶楽部 N響コンサート −第1683回N響定期公演−

2010年11月19日(金) 午後10:25〜午後10:50(25分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都(9)

2010年11月19日(金) 午後11:00〜午後11:20(20分) 教育/デジタル教育1 ステレオ
芸術劇場 情報コーナー ▽吉田都が語るロメオとジュリエット

2010年11月19日(金) 午後11:20〜20日午前1:40(140分) 教育/デジタル教育1 5.1ch
芸術劇場 − 英国ロイヤル・バレエ“ロメオとジュリエット” −吉田都にとって、同バレエ団との最後の共演となる、2010年6月29日の日本公演「ロメオとジュリエット」をノーカットで全幕放送!!

11/20 (土) 15:00 〜 15:55 (55分) BS朝日
天使のララPresents 今、大人の女性が夢中!“ポップオペラの貴公子"藤澤ノリマサ

11/20 (土) 18:30 〜 19:00 (30分) BS朝日
題名のない音楽会 「なんてったってマーラー!〜職人芸の極み 第5番」

2010年11月20日(土) 午後10:00〜21日午前2:15(255分) BShi 5.1ch
プレミアムシアター N響コンサート −第1682回N響定期公演− ほかネルロ・サンティ指揮で、ヴェルディ「歌劇“アイーダ”」(全曲・演奏会形式)◇(前0:47.30)カラヤン&スカラ座のレクイエム ほか。

2010年11月21日(日) 午前6:00〜午前7:55(115分) BShi Bモード
クラシック倶楽部 マイスター・アールト・ロマンティカ・オールケスター演奏会。

2010年11月21日(日) 午後9:00〜午後10:00(60分) 教育/デジタル教育1 Bモード
N響アワー。

FMは・・・。

2010年11月15日(月) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
第79回日本音楽コンクール −フルート部門・本選会−

2010年11月16日(火) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
第79回日本音楽コンクール −作曲部門・本選会−

2010年11月17日(水) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
第79回日本音楽コンクール −声楽部門・本選会−
2010年11月18日(木) 午後7:30〜午後9:10(100分) FM ステレオ
第79回日本音楽コンクール。

2010年11月19日(金) 午後7:00〜午後9:10(130分) FM ステレオ
ベストオブクラシック −第1686回N響定期公演−マルクス・シュテンツ指揮でマーラーの交響曲第2番!NHKホールからの生中継!!

2010年11月21日(日) 午後2:00〜午後6:00(240分) FM ステレオ
サンデークラシックワイド。

2010年11月21日(日) 午後7:20〜午後9:00(100分) FM ステレオ
FMシンフォニーコンサート −関西フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会−飯守泰次郎指揮でトリスタンとイゾルデ”から 第2幕!!

う〜ん大物はありませんが中々充実してますね〜!ところで、藤澤ノリマサって誰??

ほほ〜・・・。

▲top