雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.12.27 Monday

痛い!!リハビリ

ここのところ週2回ほど肩のリハビリに通っています。本当はもう少し多い方が良いと思うけど医院の都合でこれ以上は出来ないらしい。

いわゆる五十肩ですが、肩から腕にかけての筋や筋肉が錆び付いて動かなくなってしまい、無理に動かすと激痛が・・・・という症状です。普段ほとんど使っていない左腕ですが、ズボンをはいたり、背中を洗ったり・・・出来なくなって初めて知る健康のありがたさですね。(笑)

リハビリではマッサージをしながら次第に可動範囲を拡げていくのですが、そのためには痛い思いも必要なわけで、今日も痛かった〜!!(汗)

最近更新が滞っていますが、いつも鈍い痛みがあって少々辛いのですね。夜寝るときも肩胛骨の痛みや腕の筋の張りなどがあって中々熟睡出来ません。根気がなくなって本も読んでいませんし、音楽も中々・・・仕方なく・・・早寝することに。

経験者は一年かかると言いますので焦っても仕方がないようです。お風呂から出たあとに体操したりして、地道に直していくつもり・・・。

とりあえず・・・肩の力を抜いて・・・今日も・・・もうすぐ寝ます。(笑)

2010.10.04 Monday

負けてたまるか?五十肩

実は・・・・数ヶ月前から「五十肩」を患っています。

ある日突然左肩が痛くなり、腕が上げられなくなったのです。日常生活には特別に支障はないのですが、首筋も痛くて後ろが向けない==>車でバックが出来ない!ということでちょっと困りました。(汗)

職場でも同じような症状の人が何人かいて、それらの人は「直らないよ〜」とアドバイスをしてくれます。(笑)

一応整形外科を受診しましたが、注射一本を打った上で、飲み薬と湿布薬の使用し、さらには日々の体操を進められただけでしたね。

以来・・・頑張ってはいますがはかばかしくないですね。(汗)

昨日夕方、TVを見ていたらTBSの「夢の扉」という番組をやっていました。いろいろなものに「挑戦する人」を取り上げたドキュメンタリーらしいのですが、昨日は、「治療困難と言われてきた脊髄損傷者を歩かせる」試みを続けている渡辺淳という人が登場しました。事故などで脊髄を損傷しても、少しでも神経が残っていれば、麻痺した足を動かす動作を繰り返す内に、その残った神経で歩けるようになるという、アメリカ発祥のメソッドなのですね。

「J-Workout」という治療施設(ジム)を開設し、「一生車いす生活」と諦めていた人たちを歩かせようと日夜努力を続けているという話ですが、苦しい訓練を続けてきた人たちが、一歩一歩、ゆっくりとではあっても実際に足を踏み出す場面はちょっと感動ものでした。

スゲ〜〜!!

五十肩がなんだって言うんだ!!

と、思わずつぶやく私でした。(笑)

でも・・痛いんだよな〜〜・・・。(汗)

2007.06.19 Tuesday

AED講習会

AED・・・AクラスのED???・・・・ではありません!!(笑)

AEDとは、Automated External Defibrillator(「自動体外式除細動器」)という装置のことです。最近公共施設などで置かれるようになってきた装置ですね。先日の新聞でも、どこかの小学校のプールで子供が心肺停止状態となり、AEDの処置で助かったとありました。

そう、一昔前だったら死んでいた子供が助かるようになるんです。

近所でこのAEDを使った救急救命法の講習会があったので覗いてきました。忘れないようにメモメモ・・・。(笑)でも記憶だからちょっと違う可能性も・・・。(汗)

(1)周りの「安全を確認」する。処置中に死にたくないからね。(笑)危なかったら移動する。

(2)出血などがあったら「応急処置」を施す。

(3)肩に手を置き軽く叩きながら、「大丈夫ですか?」と耳に向かって声を掛けて「意識の有無を確認」する。少しずつ声を大きくして3回ほど確認。酔払いや、単なる「寝てる人」はこれで分かる。健康な人に突然大声で呼びかけると・・・引っ叩かれることもあるそうです。(笑)

(4)意識が無かったら周りの人に「119番する」事と「AEDを持ってくる」事を「指示」する。目を見て、はっきりと「指示」しないと他人は動きません!!

(5)意識が無かったら、額とアゴの下側に手を当てて顔を反らせるようにして「気道を確保」する。

(6)口元に耳を寄せ、胸の上下動の有無を目で見て「呼吸の有無の確認」をする。

(7)6つ数える間呼吸が無かったら、「人工呼吸」を実施する。鼻を指で塞ぎ、口を自分の口で完全に覆い、軽く息を吹き込む。胸が上下すればOK。2回連続しておこなう。

(8)胸をはだけて「胸骨圧迫」を30回連続して行う。胸の中央に片手の手の平を当て、その上にもう一方の手の平をのせて上半身の体重をかけるようにして押す!!

一人で処置する場合は(7)(8)を繰り返す。二人以上いたら交代しながら、胸骨圧迫は休まず続ける。人工呼吸は胸骨圧迫30回毎に2回連続で行う。

(9)AEDがきたら、「ケースを開けて、流れる説明を一通り聞いて」から「パッドを装着」する。まず胸毛の無い事(密着しないのでヤケドする)、汗や水などで濡れていない事(胸毛と同じ、全身が濡れているような時は拭き取る)、胸に塗り薬などが塗ってない事(発火する)、ペースメーカーを装着していない事(棒状の異物が皮下に埋め込んである)などを確認し必要に応じて処置する。胸毛は剃るか、パッドを貼って強く剥して取る。(この場合交換用パッドが必要)汗や薬は拭き取る。心臓を挟む位置にパッドの絵の通り貼り付ける。(ペースメーカーや外せない金属製アクセサリーがある場合は出来るだけ離れたところ)この間人口呼吸と胸骨圧迫はできるだけ続ける。電圧印加時は体から離れる事!!

(10)AEDの音声ガイドに従って心電図の確認、電圧印加などを行う。以後、救急隊員が来て指示するまで、AEDの指示に従う。人口呼吸と胸骨圧迫も指示通り実行する。

大体こんな感じでした。説明の後はダミー人形を相手に一人ずつ実習!!間接キッスは嫌だけど一回毎に拭いてくれます。(笑)大きな声を出して声を掛けながら、結構大変〜!!(笑)皆さん、最初は遠慮がちですがだんだん熱が入って来て汗だくの人も。(笑)

う〜ん・・・場合によっては人の生死の鍵を握る事になるかもしれない、そんな事を考えるとちょっと困惑するんですが、救命処置の本意は救命率を上げることですからね。指導の方は、「万が一なにか不都合があっても気にしなくて良い」と言っていました。困った事にならない方が良いのは当然ですが、何も出来ずに固まっているよりは良いかもしれません。自分の身近な人がそうなった時なんて、特にね!!

機会があったら皆さんもいかが??ラブ

▲top