雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2008.02.27 Wednesday

小野不由美新作!!「十二国記  丕緒(ひしょ)の鳥」

27日発売の新潮社の雑誌「yomyom」で小野不由美の新作が掲載されるそうですね。


原稿用紙換算で90枚の一挙掲載。「丕緒の鳥」は、陽子が慶国の王に即位するころの話らしい。

もう買いました?(笑)

私はたった今、書店に取り置きを頼みました。12時までやってて良かった〜!!(笑)

ま〜無理しなくても、今回はサイド・ストーリーのようですし、その内文庫化されるんでしょうから。それに、本命は「戴国」編の文字通りの「最終巻」ですからね。ラブ

2007.03.01 Thursday

「ゴーストハント」第21話

第21話     FILE7 「血ぬられた迷宮」 #4

「恐るべき浦戸の正体に、ナルは除霊はできないという。そして事件の本当の目的は達成されたとしてナルは撤収を指示。麻衣は納得できない。そんな中、真砂子が浦戸に囚われ行方不明になってしまう。麻衣は夢のなかで囚われている真砂子を見つけ、必ず助けると約束する。麻衣は真砂子救出のため一人で『閉ざされた部屋』に向かい血だらけの部屋のなかで真砂子を見つけるが、浦戸に見つかってしまい…!?」(〜TV東京HP)

思わず脱力・・・・・。(爆)

なんと「オリバーデイビス博士の偽物について調べること」が本来の仕事だった・・・・。(汗)

「やつは、恨みを晴らしたくて彷徨っているわけじゃない。ただ単に、生き延びたいだけだ。どうやって壁の向こうに連れ込んでいるのかは分からないが。獲物が必要だから狩っている。これはもう亡霊とは言わない。鬼、悪魔、妖怪・・・そういう化け物なんだ。ボクは幽霊を狩る方法は知っているが、化け物を狩る方法は知らない。除霊は不可能だ。」

良く分からないが・・・なるほど・・・・。(笑)

ナルと麻衣の、ほとんどコントのような掛け合いに、真砂子が嫉妬・・・可愛い?(爆)

「ナルは私のこと、特別バカにしているだけだもん」と慰めるが真砂子は立ち上がる。
「来ないで・・・外の空気を吸いたいだけですわ。廊下にいます。だから来ないで。」

「麻衣・・・やっぱり嫌いよ・・・。」といって1人で出て行ったきり・・・。

真砂子を探すため、綾子に言われて眠り込む麻衣・・・。凄いぞ麻衣!!自由自在に夢を見ることができるなんて・・・。(笑)

「真砂子!!」
「麻衣?」
「よかった無事で・・怪我は無い?」

「さっきまでナルが・・・、ナルがここで励ましてくれてたの・・・とっても素適に笑うんですのよ・・・おかしいでしょ?」麻衣は軽く首を振り「良かったね」と優しく微笑む。ハッとした真砂子・・・一瞬笑顔になるが・・・次の瞬間泣きだして・・・。「これは・・・夢なのね・・・」「あたくし・・・ひょっとしたら死んでいるのかもしれませんわ・・・自分じゃ分からないだけなのかも・・・」「そんな事言っちゃだめ!!諦めちゃだめだよ!!」「これ持ってて」と言って、麻衣はお守り代わりに、自分が昔住んでいた家の鍵を手渡す。「何か物が有ると、信じてられるでしょ。真砂子は死んじゃいないし、夢を見ているんでもない。ちゃんと鍵の感触がするでしょ。絶対助けに来るって信じて待ってて!!」

「必ず・・・ですわよ・・・・・・・・・・必ず・・・」消えていく真砂子・・。

目覚めた麻衣は、綾子達に真砂子の無事を告げる。
「約束したの・・・助けるって・・・絶対助けるって!!」自分に言い聞かせるように・・・強く言い放つ麻衣・・・。

夢の記憶を頼りに、遂に離れにたどり着いた麻衣達。見覚えのあるドアに一人突進する麻衣。ナル達を置いて入って行くと・・・真砂子が・・・!!

でも・・・気が付くと・・・二人の周りは一面血だらけで・・・バスタブの血ダマリが静かに・・・盛り上がる!!!!!!!!!!!!!!!!!

麻衣の退魔法で一度はひるんだ浦戸。だが、気が付くと・・・麻衣の両腕が捕らえられていて・・・血を滴らせ・・唸り声を発しながら・・・浦戸が近づいてくる!!!思わず目をつぶる麻衣!!!高鳴る心臓の鼓動に耐え切れず・・目をあけると・・・・目の前に!!!!!!!
目を見開いた麻衣の顔に・・・死臭に満ちた息を吐きつける浦戸!!!!!!
こだまする麻衣の絶叫!!!!

駆けつけたリン達が間一髪浦戸を撃退。でも再び迫ってくる・・・。あわてて全員が屋敷の外へ逃げ出して助かったが・・・室内には大量の人骨や死体があったという。

「これ。ありがとう」助かった真砂子が鍵を麻衣に渡す。夢と思っていた麻衣はビックリ!!坊さんは、「過去視に透視に幽体離脱ときたか〜どんどん芸がふえるな〜」と妙な感心の仕方をする。(笑)

ナルが真砂子の櫛を落として・・・一堂はやし立てるが麻衣は脹れる。(笑)

後日、屋敷は炎に包まれる・・・「炎による浄化」が選ばれた最後の手段だった。

ふ〜・・・麻衣と真砂子にとっては・・・大変な一日でしたね〜〜!!
私の記憶には無い結末でドキドキしっぱなしでした。忘れるって素晴らしい!!(笑)

多芸な麻衣だけど(笑)・・・あんなに恐ろしい目に遭っても、いつも通り元気なのが一番不思議だね!!(爆)おばけ

2007.02.21 Wednesday

「ゴーストハント」第20話

第20話     FILE7 「血ぬられた迷宮」 #3
「血まみれの部屋で殺される夢を見た麻衣は恐怖に震える。ナルは美山邸の構造から邸内に『閉ざされた部屋』があることを発見。また安原とまどかの調査で美山家の先々代、美山鉦幸と浦戸が同一人物であることが判明。そこから麻衣たちが導き出した恐るべき推理とは!?一方、行方不明者が『閉ざされた部屋』で死体となって見つかり、怯えたデイヴィスは偽者であることを告白し美山邸を出て行ってしまう。」(〜TV東京HP)

死の恐怖から絶叫とともに目覚めた麻衣!!
あまりにも生々しい・・首筋を滑る・・氷のような刃と・・・血の感触に・・・身を震わせる・・・。

無残に惨殺された多くの犠牲者の思いが麻衣達に訴えかける・・・・。

「うそっ・・・」信じられない思いのうちに死んでいった・・・なぜ死ぬのか理解できないうちに・・・。

血を満たしたバスタブに浸かり延命を願った?吸血鬼?封印された迷宮に隠された秘密は何?

おぞましい、虐殺の全貌が明らかになるのは次回?

う〜ん・・・あまりにも凄惨な事件・・・・お子様にはお薦めできません!!(笑)おばけ

2007.02.14 Wednesday

「ゴーストハント」第19話

第19話     FILE7 「血ぬられた迷宮」 #2

「霊能者の一人が行方不明に。麻衣たちは美山邸の調査中、病院のものらしきコートと意味不明なメッセージが残されたお札を発見する。そしてまどかの調査で美山邸の不穏な過去が明らかになる中、さらに行方不明者が発生。しかし捜査の協力を依頼されたデイヴィスはなぜかその依頼を断る。麻衣たちはさらに調査を進め、浦戸という人物の自画像を発見。コート、お札、自画像、これらの意味するものとは!?そして麻衣は恐ろしい夢を見る…。」(〜TV東京HP)

  「ウソッ!」

ひぇ〜〜〜!!夢か・・・・そ・・それにしても・・・恐ろしい夢・・・・。(大汗)

これだけ恐怖感満点のアニメって、今まであったのか?生爪を剥される様な、皮膚感覚に訴えてくるおぞましさですね・・・・。血の匂い、ぬめり感まで・・・・。(汗)

麻衣の能力に、犠牲となった人々の霊が訴えかけて、自分たちの経験を追体験させているんでしょうか・・・・。彼らにとっては、まさしく「うそっ!!!!」と言いたくなる・・・いや、言った次の瞬間には絶命していたという恐怖の体験を・・・・。怖いはずだぜ・・・。

バスタブ・・・手術台・・・血の海・・・迷宮・・・覚えてるけどな〜〜!!(笑)
このあとが出てこない!!(爆)

小野不由美独特の、凄まじいまでの恐怖感が堪りません・・・次が待ち遠しいですね・・・。

恐怖を見つめる眼球に・・・最後に映ったものは・・・・何???おばけ

2007.02.07 Wednesday

「ゴーストハント」第18話

第18話  FILE7 「血ぬられた迷宮」 #1

「ナルの師匠の森まどかから、ある屋敷で起きた行方不明事件の調査を依頼されたSPRは、美山邸を訪れる。増改築を繰り返し、迷路のような作りの美山邸には多くの霊能者たちが集められていた。中でも心霊研究の権威、オリヴァー・デイヴィス博士に一同は驚くやら感激するやら。一方、派手なことが嫌いなナルは安原を影武者にするのだった。そして、麻衣たちは早速、降霊会で行方不明になった霊を呼び出すが……」(〜TV東京HP)

突然安原が、内気なナルに代わって所長に!!・・・・。(笑)「もう〜!!どうしてちゃんとお願いしないの!!人にものを頼む時にはそれなりの口調ってものがあるでしょう??いつも言ってるのに学習効果の無い子ね〜〜!!ごめんなさいね〜この子礼儀を知らなくて〜」突然現れた美女がナルを叱り付ける・・・師匠を名乗る森まどか・・・・そんなの知らないぞ〜〜〜!!(笑)

バスタブ、血、迷路のような建物・・・・・・なんだか私の記憶を刺激します・・・。ひょっとして・・・読んでるのかな???分かりません・・・。(笑)確かにこんな話を読んだ記憶があるんだけど・・・・ゴーストハントだったっけ????(笑)

いつもと同じ時間なのに背景説明も含めてとても中身の濃い内容でしたね。構成が上手いということでしょうか??随所で効果的に怖い場面が使われていて、更なる恐怖が期待できそうです・・・。(いや〜・・・怖いの・・・好きじゃないけど〜。(爆))

今回、麻衣が天涯孤独な孤児だったことが判明、彼女の明るさの裏には、辛い過去と孤独の影があるのか・・・・。生活のために、好きなだけバイトをしてもよいそうだが・・・。

「馬鹿になるはずだ・・・・」言いそうだねナルなら。(爆)

麻衣の悪夢、降霊会の恐怖・・・「シニタクナイ」・・・血文字の文書・・・。

待て!!次回!!ってことで〜。(笑)おばけ

2007.01.31 Wednesday

「ゴーストハント」第17話

第17話     FILE6 「禁じられた遊び」 #4

「事件の真相は蠱毒という霊を使った呪殺だった。呪殺の対象は教師の松山。自業自得だと思う麻衣。安原も坂内の遺書を引き合いに松山を非難する。一方、ナルは事件を解決するため蠱毒を呪者に返す呪詛返しを行うと言う。呪者とは何も知らずに呪殺に手を貸していた生徒たち…。しかし、呪詛が返ったら生徒たちの命は……考え直すようナルに迫る麻衣。が、ナルの決心は変わらず、麻衣は「ナルなんか大嫌い」と言ってしまう……」(〜TV東京HP)

ひたすら優しく・・・無鉄砲で・・・思ったことは口に出さずにいられない麻衣。(笑)
生徒たちを守ろうと七転八倒でしたね・・・・。
ナルも「生徒の代わりにヒトガタを使う」と説明してやれば良かったのに・・・。(笑)

麻衣が1人で除霊をやろうとした場面は、先週ほどではないですが、結構怖かった。
足元の水、浮かび上がる悪霊、飛び散る血!!制作側も慣れてきたんでしょうかね?(笑)

「どんな人間でも、殺されて良い理由は無い」
「誰でも、やった事の責任は取らなければならない」
「無知は言い訳にならない・・・」(でしたっけ?)

「無知は罪」とも言います。確かに正論だ!!でも心情的に割り切れないのも確か・・・。どちらの思いも通じるように、収めるべきところに収める。最後は優しく・・・・余韻を持たせて終わる・・・。上手いな〜〜!!(笑)ナルの微笑み・・・初めて・・・だよね!!(笑)さすがに、夢の中の彼にそっくりです・・・。

年明けから調子に乗ってきましたね〜〜次も期待できそうです!!おばけ

2007.01.18 Thursday

「ゴーストハント」第15話

第15話     FILE6 「禁じられた遊び」 #2

「真砂子にもはっきり霊が見えず除霊が出来ない中、火事が起こる。松山は、「霊なんて元々いない。金儲けが目的だろう」と麻衣たちを非難し、坂内と同じように悲惨な末路を辿るだろうと言う。その言葉に怒りを覚える麻衣。そこへ黒い犬の霊が再び姿を現す。犬は霊が共食いを繰り返し、一回り大きくなっていた。その異様な姿にさすがの松山も恐怖する。そんな中、ヲリキリ様は坂内のいた美術部から流行り始めたことが判明するが……」(〜TV東京HP)

いや〜怖い展開になってきましたね〜〜。(笑)

前回の、屋上の不思議な光景の続きから始まるかと思ったら、「夢」だったらしい・・・。(笑)「なんだ〜」と脱力しかけましたが・・・。なんと今回は、麻衣の夢がキーポイントになってきましたね。怠け者と言われたくない為に黙っている麻衣ですが、夢の中で見たことが事実だったと分かり、さらに「火事」の予言?も当たって一気に霊能者の仲間入り???(笑)黒い犬の消えた後で、真砂子と麻衣が同じ光景を霊視したことで・・・本物と認定か???(笑)話の流れも麻衣を中心にして回っていく。カメラを壊しても保険がかけてあるから大丈夫と分かったとたん、ナルに嵌められていたと気付く麻衣。「少しは進歩したな」?とナルに誉められて・・・怒る麻衣。う〜ん、やはり話の中心だ。(爆)

夢の中の「やさしいナル」の助言を受け入れて、退魔法を坊さんから伝授してもらったが使えるのか?夜中にテープの回収に(ありえないけど〜)独りで校内をうろつき、生物教室?に閉じ込められてしまう麻衣。ホルマリンの蒸気を吸って気を失ったところで・・・つづく!!

いままでの地味な展開がウソのような怖さです!!(笑)

息苦しい学校生活の歪みが生み出す悪霊?自殺した生徒の個人的な怨念?それとも????

展開が読めないので・・・・次回も見るしかないね〜。(笑)おばけ

2007.01.14 Sunday

「ゴースト・ハント」第14話

第14話     FILE6 「禁じられた遊び」 #1
「ぼくは犬じゃない」という遺書を残して坂内という生徒が自殺してから、おかしな事件が起こるようになった緑陵高校。調査に訪れた麻衣たちは早速、黒い犬の霊に出くわす。生徒会長の安原が調査を手伝ってくれることになったが、松山ら教師たちの管理体質と、幽霊や迷信を頭ごなしに否定し小バカにする態度に反感を覚える麻衣。そんな中、「ヲリキリ様」と呼ばれるコックリさんが学校中で大流行していることが分かり……」(〜TV東京HP)

オープニングの絵が変わってましたね〜。ぐっと迫力が出ました。なにやら怖そうな絵がいっぱいでしたが、以前のやつのおとなしい感じも良かったな〜。本編も以前よりダイナミックな展開になるということでしょうね・・・・多分。(笑)

しょっぱなから怖そうな「おっさん」とか「犬」が出たり、最後には「彼」が姿を見せたり。なんだか以前とは違う展開ですね〜。「彼」の登場画面は麻衣の夢?????それとも、「彼」につかまったのか???なんだか分からないところが怖いね〜。

「禁じられた遊び」と言うんだから、こっくりさん絡みか?麻衣達の楽しそうな情景と関係あるのか??孤独そうな「彼」の思いは・・・・・?????おばけ

2006.12.27 Wednesday

「ゴーストハント」第13話

第13話     FILE5 「サイレント・クリスマス」 #2

「ケンジの霊に憑依された麻衣はリンにまとわりつくようになる。リンはケンジの父親に似ているのだ。リンは迷惑この上ないが、無愛想なリンが振り回されている光景に滝川や綾子は笑いが止まらない。しかしたまりかねたリンが冷たく突き放すと、ケンジの霊はひどく傷つき、麻衣に憑依したまま姿を消してしまう。憑依をするケンジの霊の切ない願いとは・・・。そしてナルたちは麻衣を探すなかで事件解決の手がかりを見つける。」(〜TV東京HP)

怖いかと思ったら・・・題名の通りの、静かなクリスマスの物語でしたね。

「クリスマス・イブの日、お父さんが迎えに来てくれる・・・だから教会に戻らなくちゃ・・・。」ケンジの願いは「見つけてもらうこと」だった。

霊だ、憑依だというと、普通の人間は「怖い」と思ってしまう訳だけれど、ナルは、あくまでも冷静に、霊の「理由」を知ろうとする。悪い霊がいるのではなく、「理由」を知ろうとせず闇雲に怖がる人間が、勝手に「悪い霊」と決め付けているだけなんだと。

ケンジの「理由」を素直に推測、解釈して真実を諭し、逝かせてあげられたわけですね。特別な技は使わなかったけど、あれも立派な「浄霊」でしょう。

麻衣が憑依されたというのも、「子供」という事もあるけれど(笑)、彼女の優しさがケンジには感じられたんでしょう。傷つきやすい子供にはピッタリだった?(笑)

派手なアクションを期待すると、肩透かしを食ってしまう展開ですが、これこそ小野不由美と感じます。根底には、「切ない存在」に対する「愛」が流れていると思います・・・。

エンディングも特別バージョン・・・聖夜にふさわしい、心温まる素適なお話でした。おばけ

2006.12.24 Sunday

「十二国記」BS2で再放送!!

たまたまNHKのHPを見ていたら予告が!!

「2007年1月9日(8日深夜)より
毎週火曜(月曜深夜)午前0:25〜0:50、BS2にて再放送する予定です。」

沢山の人に見てもらいたい作品です。ラブ

▲top