雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.10.08 Monday

ちょっと대한민국まで その2

と言うことで「その2」・・・。

韓国国民の厳しい「現実」を知った束草での一日でしたが、夕方には出航して次の滞在地「釜山」に向かいました。

四日目の朝6時半・・・入港間近ですが体操する人々・・・アルコール以外はほとんど無料で、毎日7回も飲み食いしていると太りますからね・・・。(笑)


日が出るに従って浮かび上がる釜山の港・・・林立するクレーン群に唖然・・・。


朝日を浴びて丘の上まで広がる高層ビル群に・・・またまた唖然・・・。


釜山て・・・凄い大都市です!!!

優雅な朝食を済ませてバスで出発・・・昨日と違って観光と買い物だけの一日のはずでしたが・・・。(笑)

バスガイドの女性の話ですが韓国ではキリスト教徒が多いらしい。その原因は過去の時代の仏教寺院の堕落が支配者の反発を呼び、その結果人里離れた場所に寺院が追いやられたことにあるらしい。信仰の場を手近な場所に求めた民衆。その希望に沿ったのが宣教活動を盛んに行っていたキリスト教で、今ではそこら中に教会が・・・と言うことになったらしい。う〜〜ん・・・実に人間的な僧侶に潔癖症の支配者、呆れるほど現実的な韓国民衆です・・・。(汗)

もちろん今でも熱心な仏教徒は多い訳で、バスで1時間ほどもかかる写真の寺院でも日本同様に・・・観光客で一杯でした。(笑)


あちこち回って釜山市内に戻ってから、早めにお決まりのロッテ免税店での買い物を済ませ、昼食の後チャガルチ市場見学などをしてからビーチへ!

韓国の東岸は北との関係もあってか?海の水が異様なほど綺麗・・・ここは有名な海雲台ビーチで、ビル群をバックにした様子はまるでワイキキみたいです・・・。


船への帰り際にはロッテの裏側(笑)・・・釜山タワーのある龍頭山公園にも立ち寄りました。


開天節(建国記念日)の連休に中国の「国慶節」も重なって?大渋滞の市内でしたが、韓国経験者の「昔に比べてクラクションの音がしなくなった」という言葉や多くの家族連れの様子からも分かるようにかなり成熟しつつある「国」の余裕を感じましたね。

現在の釜山はアジア代表する貿易港であり、唯一朝鮮戦争で北に蹂躙されなかった都市だったこともあってこの国の中でも首都ソウルに次ぐ特別な存在のようですが、充実した港湾施設や林立するビル群、溢れかえる国産車や町中の賑い振りを見ると圧倒されました。今回の旅行・・・軍事的な状況も含めて、この辺の現実を肌で感じられたことが収穫と言えるのでしょうね・・・。

そして旅は終わりに近づき・・・夕刻には出航!一路日本を目指しました。


遠ざかる釜山の町並み・・・反対方向を見ると・・・何と対馬の島影が見えました!しばらくすると携帯電話も使えるようになってビックリ!(汗)

そして、最終日も一日船旅・・・瀬戸内海に入ると。箱庭のような光景があちこちに見られて楽しめました。


神戸港に帰ってくると・・・夜の出港時には見られなかった港の様子が・・・潜水艦もありましたが釜山と比べると・・・。(汗)


夕方には帰着!長いようで短かった四泊五日の船旅も終りです。


伊丹から羽田まで飛び、バスで会社まで・・・。自宅に着いたのは深夜〇時過ぎ・・・。

朝にはいつも通り起きて仕事・・・真面目だな〜〜!!(笑)

ということで・・・その2・・・その3やるほどネタも無いので、今回の旅の記録はこれでお終いです。(笑)

2012.10.07 Sunday

ちょっと대한민국まで その1

先月末から今月はじめまで出かけてきました。会社の旅行ですが・・・。(笑)

ルートは羽田から伊丹まで飛び、神戸から海路を使って朝鮮半島まで・・・。町工場にしてはとんでもない旅程です。無理したんだろうな・・・。(汗)

今回、悩みましたが準備の時間がとれない事もあってカメラは持っていきませんでした。古い携帯だけで済ませたので画像的には見るべきものはありません。単なる記録として見てください。

まずは羽田・・・ボーイング787・・・クルンとした翼端がチャーミングです!乗ったのは・・・これでなく・・・何だっけ???(笑)


神戸に着いたのは夕方・・・岸壁に待っていたのがこれ・・・ぱしふぃっく びいなす」と言う船名の旅客数644名、乗員220名、総員862名という1998年就航の大型客船です。


船といえば「船酔い」が心配ですが、「大型」故に大きなウネリが無い限りほとんど揺れず驚きました。私が聞いた限りでは「酔った人」はほんの数名・・・しかも帰路だけでした。


出航する頃には夜の帳が・・・接岸している岸壁の横にはメリケンパークがあり、対岸のレストランやネオンがまぶしい・・・。


湾内のクルーズ船も出航・・・今回乗った船がこれだったら大変だったね〜!(爆)


2日目は一日洋上・・・昼前に関門海峡を通過。外洋に出ていよいよ国外です・・・。


後部デッキには運動場があり、朝のラジオ体操から日中のゲーム、夜間の乗員のクラブ活動?まで使われていました。甲板は一周400メートル近い散歩コースにも。プール、ジャグジー、ジムやシアターも完備、各種イベントも用意されていて、一日7回にもなる食事やお茶も含めて乗客が退屈しないように考えられていました。

クルーズという性格上、元々は上流階級のお遊びですから、時と場所により「ドレスコード」が適用されたりして貧乏人には面倒くさいのですが、「非日常を楽しむ」という趣旨を理解すれば逆に快適。二日目夜はドレスアップしてのパーティーがあっていつもと違う時間を過ごしました。

三日目の朝・・・いよいよ대한민국(大韓民国)に・・・。
入港したのは・・・束草(ソクチョ)という町で北の国境近い港町です。出迎えは一艘のタグボートと小島・・・。


大きな桟橋・・・広がる町並みはかなり大きい・・・。

束草・・・初めて聞く町・・・何故??と思いましたが、バスに乗せられて向かった場所に着いて分かりました。

ここは・・・38度線にほど近い展望台。民間人の入れない地域で、小銃で武装した若い兵隊があちこちに・・。小さく見える岬の部分が38度線?らしく、海岸沿いには延々と鉄条網が・・・遠くに有名な「金剛山」を望む・・・。


展望台の下には朝鮮戦争を記録したミュージアム。戦車や大砲、戦闘機の実物も展示されていました。「6.25」というのは韓国人にとっては忘れてはいけない「記憶すべき日」で、見る者に、今も続く南北分断の歴史や休戦中という厳しい現実を突き付けてきます。


次に向かったのがDMZミュージアム「軍事境界線(MDL)」の南北2キロの範囲、板門店で有名なDMZ「非武装中立地帯」ですが、その南に、2009年に半島の東端に設けられた国立のミュージアム。近代的な建物の内部は当時の激戦の模様、軍事情勢の推移、民衆の犠牲、諸外国の対応、その後の歴史・・・結果的に残された自然環境から未来への展望まで、丁寧な展示ぶりに感心させられました。

入口には冷戦時代の遺物としての対北宣伝放送用スピーカー群・・・内部の展示物にはREBOXもあったっけ・・・。(汗)


一応観光目的なので、他にも色々廻りましたが、印象に残ったのはこんなところ。日本人の侵略の歴史やその後については全く触れられることが無く、今でも日常生活に大きな影響を与える朝鮮戦争の方が太平洋戦争より重要という現実が分かったのは大きな収穫か・・・。

領土問題も含め、日本の影が薄かったのは安心もしましたがちょっと複雑でもありました。

一日も終わりに近づき、最後に港の展望台に登りました・・・。


夕方の港に停泊する美しいびーなす・・・三日目ともなると船も「我が家」の感触に近いものが感じられます・・・。

と言うことで・・・まずはその1・・・。

2006.10.13 Friday

お土産

今回の台湾出張は場合によっては二泊三日という話もあったので、観光とかお土産なんて全く考えてなかったんですが・・・。時間が有ったので・・・結構買ってしまいましたね。(笑)

まず、デジカメ持っていかなかったので、携帯のカメラ用のミニSDカードを購入。台湾は本場ですからね。安いんです。1Gが4500円位。最近の国内でも、バーゲンだったらもっと安いものもあるでしょうが・・・。ところが・・・、持っていった携帯は256Mまでだった。(笑)仕方なく探したんですが・・・。無いんですよね〜〜。(笑)やっと探し出したんですが・・・125Mがなんと、2600円位。高い!!けど仕方なく買いましたが・・・・。ま、国内でも普通のお店よりは安いかな?

CDやDVDのお店も結構ありました。怪しげな物もありましたが。(笑)

サクラ大戦TV(台湾正規版?)CDVですが9巻に全25話が入ってます。中国語の字幕入り!!(笑)
パソコンで問題なく再生できました。凛々しい「神宮寺さくら」とメカニックな「光武」が好きなんです。ストーリーも非常にキレの良い、引き締まった展開で嵌りました。MPEG-1でビットレート1Mちょっとですのでフルスクリーンではちょっと苦しいですね。でも音は良いんです。(笑)

十二国記DVD台湾正規版?但し・・・リージョン3!!(笑)パソコンでは再生できますが、ドライブを専用にしないとまずいことになるそうなんでちょっと考え中・・・(笑)原作、アニメとも嵌りましたが、国内版のDVDはちょっと手が出ませんもので・・・。ご覧のようにアルミ製の弁当箱に入ってます。(笑)DVD7枚に全45話が入ってるんですが画質は問題ないように思えました。


CDV、DVD共に500T$位だったかな?約1900円!!

以前から気にかけていたものが入手できて・・良かった。
でも台湾まで行ってこれかよ?????という気も・・・。(笑)
故宮博物院のカタログなんかも買いましたよ。

お菓子は定番「月餅」や「パイナップルケーキ」?それから「ウーロン茶」等・・・。
子供たちにはなぜか「財布」・・・リクエストだったので。(笑)

妻には・・・・・。(笑)

散歩やハイキングでも邪魔にならない、コンパクトな折りたたみ式晴雨兼用日傘です。自分用も含めて2本で3500円位。高かったけど国内でも見かけないようなやつだったのでね。これも以前から探していたんですが、国内の通販でも見かけないコンパクトなやつで、真夏の炎天下でも涼しそうな物です。

というわけで・・・結構満足ですね・・・・・。財布

2006.10.06 Friday

ホテル暮らし

海外出張では当然ホテル暮らしになります。仕事での場合、ホテルは会社が選んでくれますが、選定基準はセキュリティー、周囲の環境、お値段・・・などなどでしょうね。特にセキュリティーは重要視されているようで、他になければ高級リゾートホテルでも・・、ということもありますね。ただ、泊まるほうとしてはリゾートホテルは何でもお金が掛かるので敬遠したいのですが・・・。(笑)



今回のホテルは、ちょっと古めですがそこそこ高級なホテルで快適でした。すぐ隣が教会のビルの屋上と言うのが・・・、異色でしたが。(笑)予想外に滞在が伸びたので、靴下とパンツは自分で洗って干したり・・・ちょっとわびしかったかな?(笑)(他はクリーニング。)ちなみに洗濯物はバスタオルに巻き込んでぎゅっと絞ると脱水完了!!で一晩で乾きます。(笑)

このホテル、最上階には温水プールやフィットネス・ジムまであって、宿泊者は無料で使用できると言うことで、気に入りました。それにしても・・・一人寝のダブルベッドの広いこと・・・。(爆)財布

2006.10.05 Thursday

元気な年寄り



朝から木陰で井戸端会議(井戸は無いけど・・(笑))毎日歩いて横を通っていたら何人か同じメンバーがいたので、最後の日に一枚撮ってみました。バイクも通る道だったのでぶれてるけど・・。(笑)



別の空き地ではゲートボールをやってましたね。日本と全く同じ光景です。

2006.10.04 Wednesday

バイク天国

台湾の人達はある程度のお金持ちは自家用車を持ちますが、それ以外の人達は、誰でもバイク状態のようです。(笑)バイクに乗れない人以外は皆バイクと言う感じで、街中もバイクと車が半々くらいの感じで走ってます。歩行者は車とバイクの間を縫いながら横断する、と言う感じですね。なれないと危ないですよ〜!!(笑)

普通のおじさんもおばさんもみんな乗ってます。「当然」前に子ども2人、後ろ(背中)に1人の合計4人乗りなんて猛者も「普通」です!!(笑)当然(笑)犬も乗せます。日本だったらおまわりさんが大喜びするんでしょうが。(笑)自己責任というか・・・大人ですよね。

こんな状態なのに車とバイクのトラブルってほとんど見かけませんでしたね。みんなうまいんです。たくましいのですね。(笑)


2006.10.03 Tuesday

カエルの卵


 先日紹介した「お寺」の門前にあるお店ですが・・・、売っているのが「カエルの卵」です・・・。(笑)メロン味?のジュースの中にカエルの卵に見える物体が大量に!!!(笑)買ってみました!!食べてみました!!・・・・・上手かった!!!(笑)太いストローで飲むそれは「タピオカ」と言う人もいました。あるいは「粉山圓」(「山香」という草の種。「山香」はシソ科の植物で「ニオイニガグサ」というらしい。)「バジルシード」とも言うらしいが真相は・・・???(笑)

2006.10.01 Sunday

故宮博物院





故宮と言うと北京の紫禁城のことを指しますが、台北には同じ故宮の名を冠した博物館があります。収蔵物は、日中戦争の戦乱を避ける為に、紫禁城から運びだされた総計20000箱程にもなる文物の一部、役4000箱程だと言われています。

今回の出張で、時間がとれたので(笑)行ってみました。

建物の外観は写真の通り古風なものですが、内部は全て、新築された現代的な博物館のそれでした。時間の関係で、8割ほどを見るにとどまりましたが、中々のものでしたね。歴代の皇帝達によって集められた品々は、極微から極美の品(笑)まであって、常人の想像できないような仕上がりの物も多く見ものでした。収蔵物の一部はこちらで見られます。

スケールとしては思ったほど大きくは感じませんでしたが、展示品のほかにもあるのかもしれません。いずれにしろ、北京の博物院?も見てみたいと思いましたね。。10年程前に仕事で北京を訪れた時、紫禁城を見学しました。入口から裏口の先の丘まで登ってみましたが、美術品の類はほとんど見た記憶が有りませんでした。事前の下調べもしていなかったため、それらがどこにあるのか分からなかったのですが・・・。(笑)外国人の入場料が高かったような記憶しか・・。(笑)

一つだけ記録にとどめておきたいと思ったのは皇帝のハンコ、「御名御璽」ですね。10センチ角程もある巨大な緑色の「玉」だったと思います。十二国記のアニメの中で、民の生活を知る為に市中に紛れていた慶国国王「陽子」(笑)が密かに隠し持っていた「御名御璽」があまりに巨大で不思議に思っていたのですが・・・、納得しました。(笑)ホットコーヒー

2006.09.30 Saturday

ワチ・フィールド

台湾の街中に、なぜか私や娘達の好きな「ダヤン」の看板が!!



お店に入って聞いてみたら、「日本からの輸入品です。」と(英語だけど・・。(笑))
どうも台湾各地に同様のお店があるらしいのです。

安いかなと期待して聞いてみたら・・・、「日本より高いです。」と(英語だけど・・・。(笑))

甘かったね。(笑)財布

2006.09.29 Friday

台湾の犬



犬が多いんだよ〜〜〜〜・・・・。(笑)
でも、みんな大人しいんだよね・・・。人間に逆らってはいけない!!と徹底してしつけられている感じかな。みんな放し飼いなのに・・・。吼える犬も見なかったね。

なぜか私は良く吼えられる。(笑)姿も見えないうちから(爆)緊張感が伝わってる感じでね。ちょっと残念だけど。子どもの頃犬に追いかけられて、それがトラウマになっている人を知ってるけど、彼に比べるとまだマシだよね・・・。

ほとんどの犬は雑種のようだけど、散歩している人の中には、パグを抱いてるような人も時々いましたね。お金持ち?(笑)ホットコーヒー

▲top