雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園

あ〜!!おじさんなのに、「プリンセス・プリンセス」に嵌ってしまった〜〜!!(笑)
美しいもの、面白いもの、切ないもの、考えさせる物・・・。一人が好きだけど、独りじゃ寂しい。そんな私のつぶやき・・・・。ちょっとキモイかもね〜。
クラシック音楽が苦手な人にはお薦めできません。暗いのが嫌いな人にはお薦めできません!!お子様にもお薦めできません!!
[謝辞]
父と母に、家族に、多くの慰めと喜びを与えてくれた、過去、現在、そして未来の芸術家達に、感謝!!
[おことわり]
本サイトはAmazon.co.jpのアフィリエイトプログラムに参加しておりますが、「紹介料放棄」の契約を結んでおり、分類上は「非商用」サイトとなります。
スパム対策のため、トラックバック元の記事に当方の記事へのリンクがない場合はトラックバックの受付はできません。

Since 2006. Sorry Japanese version only.

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2015.09.23 Wednesday

LUMIX GX7 購入!

遅ればせながら・・・買ってしまいました。(汗)

8月の20日頃でしたが、後継機のGX8が発売されました。秋頃発売ではないかと春先から噂は出ていましたので準備はしていたのですが、詳細が明らかになるにしたがってどうしようかと迷いが出てきました。いわく「デカい!」「重い!」などと噂は駆け巡っていましたが、決め手はやはり「高い!」と言う事と「フラッシュ別売り!」でしたね。

予算的には予想範囲内で買える金額だったのですが、安いとは言えないレベルなのは確かです。1年もたてばかなり下がるのではないかと思われますし、GX7が4万円台に下がっているのを見ると、3倍以上の金額を払う価値があるのかと思案せずにはいられません・・・。

おまけに大きくなったにも関わらずフラッシュ別売りと言うのはちょっと考えもの。実際問題フラッシュなんて滅多に使わない機能の代表なのですが、必要な時に無いと困るのも事実です。昔の一眼レフカメラでは別売りが「普通」でしたが、今どきは高級機以外は内蔵が「普通」ですから、高級機とは縁が出来そうもない私は「困る」としか感じない、と言うのが正直な所でした。

そんな訳で、GX7の出荷は7月末で完了と言う話も聞こえてきた8月の初め・・・買ってしまいました。

以来2ヵ月近く、季節や天候の都合もあってまともに撮り比べも出来ずにきたのですが、昨日今日と半日ほど、合計8時間も持ち出して使ってみて、ある程度の感触がつかめたので簡単に投稿しておきます。ディスコン機種ですので意味はありませんが・・・。(汗)

今まで使っていたGH2と比べると一回り小さいボディです。GX8が中国製らしいので、パナソニックとしては最後の日本製かも・・・。

選んだのはシルバーですが、これは正解…だったかな?実は、箱から出したときショックを受けました。

いや〜〜・・・・チープ・・・安っぽい造りです・・・。(汗)

マグネシウムのダイキャストらしいのですが、上側は塗装しているのか?フラッシュ部はプラスチックに銀塗装ですが、僅かですが整形ムラがある上、色味もボディより明るい感じでほとんどプラモデル並の出来です。ダイヤル部や各部の感触も高級感がまるで感じられず、ファインダーやメニュー画面の絵作りも安っぽ〜い!

いかにも・・・パナソニックらしい・・・のかな??(笑)

と、酷い言いようですが、使い始めると見るのはレンズの先ですから、こんなことは気にならなくなります。炎天下でも何となく冷たいような気もするし・・・何より玄人受けを狙った?ブラックとは違って地味で目立たないのが良いかな〜?

お散歩カメラとしては正解でしょう!

困ったのはファイダー像が小さい事。ボディー同様?GH2より一回り小さいファインダーです。視度調整もスライド式って何!!??(汗)

これには大変困惑させられた・・・というのが正直な所ですが、使ってみると・・・ま・・・良いか!?(笑)

このカメラの特長の一つは角度が変えられるファイダーですが、これが意外と便利。炎天下、外を歩くには帽子が必須ですが、深めにかぶったままでもファインダーが覗けるのが良いですね。もちろん像が小さいのですが、これも細部はAFに任せて、全体的な構図の確認をするという事にすれば何とかなります。また、当初やけにデカイと感じた液晶画面も結構実用的です。GH2ではファインダーメインの使い方だった為通常は閉じていて開いてから角度を変えるという一連の動作が必要だったのですが、GX7では常時見えますし、引き出す操作だけで角度も変えられ、ローアングルなどもとても楽になりました。

本当は細部のピントもファインダーで確認したいところですが、ピーキング機能などを使いこなせば何とかなるのかもしれないので色々試してみましょう。

その他、AF性能は特に差は感じませんが、同じレンズでも手ブレ補正の性能が明らかに向上していました。また、動画性能も全面的にレベルアップしています。4Kこそ対応できませんが、FHD60pのmp4形式でも保存でき、AFもスムースで「実用域」に達していると感じました。ただし、早いSDカードが必須です!

メカ・シャッターは8000分の一秒に対応しており、明るいレンズも使いやすくなりました。シャッター音も軽く、GH2とは別物の感触です。コン・デジと同じ電子シャッターも使えます。「サイレント・モード」にセットすると電子シャッターに切り替わり、完全無音でシャッターが切れますが、動きのある被写体は「ローリングシャッター現象」が起こりますし、メカ・シャッターでは、ボディー内手ブレ補正機構の為か?スローシャッター時にシャッターショックによると思われるブレが起こりますので要注意です。シャッターディレイもできるので、テストを重ねて使いこなす対応も必要ですね。

収まりの良い小ぶりのボディですが、意外と困ったのが電源スイッチとセレクト・ダイヤルの位置関係です。結構深いローレットを刻んだダイヤルですが、電源スイッチのレバーを親指で動かしたときにダイヤルも一緒に回ってしまい知らないうちにモードが変わっていて困る事態が頻発しました。レバーとダイヤルの間を離すとか、仕切りを入れるとか、レバーは親指、ダイヤルは人差し指でないと回せないようにするという配慮が出来なかったのか?

ま、この辺も・・・パナソニックらしい・・・と言えば言えるのかな?(笑)

さて、肝心の画質ですが・・・良い被写体に恵まれず、かといってテストチャートを駆使するほどのマニアでもないのであくまでも感じですが・・・同じレンズで見る限り明らかな差は分かりません。

GH2が、異なるアスペクト比への対応の関係で総画素数1831万画なのにGX7は1684万画素ですが、有効画素数はほぼ同じなので、高感度域以外、画質の差はほとんど無いように思えます。低照度でのノイズはまだ試していませんが、資料などからはダイナミックレンジの拡大なども含めてある程度の改善はされているようです。

もともと、RAW画像は現像処理が必須で、未処理では「鮮やか」で「力強い」絵柄は望めず、撮って出しでそれを期待するならカメラ内で好みに調整したjpegで出すしかない訳ですが、GH2より少しはマシになって欲しいというのも正直な所・・・レンズ性能の限界もありそうなので使いながら確認をしていきましょう。

ちょっと見た目はGH2の出来の良さが明白ですが、中身は確実に進化しています。使い易い機能もてんこ盛りの上に持ち出しやすく、全体としては使いこなしがいのありそうなカメラですね。GX8はこれを使いこなしてから・・・・・・「安くなってから」という事にしておきましょう。(笑)

と言いながら・・・実は・・・浮いたお金でレンズを買いました・・・・!

この辺は後日・・・。雪



 

2015.06.28 Sunday

北鎌倉で紫陽花三昧!

実は先週半ば、急に休みが取れたので妻と二人で急遽北鎌倉まで出かけてきました。時間が無くて車はコースが読み切れず駐車場なども面倒なので、時間はかかりますが電車を使いました。朝の4時過ぎに起床して出発!帰宅は7時過ぎだったかな?池袋からJRを使うより、和光市から横浜まで地下鉄と東急東横線を使ったコースを選んだのでちょっと安かったらしい。

数週間前から「行くなら今月中だよな・・・」とあれこれ考えていて、当初は長谷寺も見て(成就院は参道工事と紫陽花の植え替えで今年5月から3年間位お休み)・・・と何となく考えていましたが、無理は禁物ですので、とりあえずは北鎌倉からという事にして駅に着いたのが7時40分頃か?

駅についてまずは混みそうな明月院からと思ったのですが、高校生にしては幼い感じの学生の集団に飲み込まれて狭い歩道を歩いているうちに、左折する場所を間違えて行き過ぎてしまい建長寺の直前で引き返すことに・・・。(汗)改めて踏切の手前で横道に入って少し行くと明月院の看板があって安心しましたが、さらにその先に進むと・・・なんと行列が!!この時点で8時10分位か?50人位の先客にガードマンが二人・・・「最後尾」の看板を持ちながら、狭い道を通る地元の方の車もあるので事故防止の「声がけ」をしていました。

道の横には前日の豪雨の名残の滴を纏った紫陽花が咲いていましたが、今まで見た事もない大柄の花にビックリ・・・さすが鎌倉!


8時半に開門!入場時に拝観料500円也・・・・チ〜ン・・・。(汗)

中は、基本的に狭い谷の敷地を4段くらいに分けて使い、奥には菖蒲園と芝生を配し、中央の本堂から手前は紫陽花を主にするという構成。当然階段が多いので足腰の弱い方は辛いでしょう・・・。

ネットでも有名な山門前の石段は平日にも関わらず人波に埋もれて閉口させられましたが、あんな写真は朝一番乗りで駆け込むか、閉門直前でも狙って来ないと無理なんだ〜〜と分かったのが収穫かな?(笑)


中断の中庭には石庭(よく見ると金の蟹が)・・・本堂の丸窓の先には裏庭が・・・。


時期的に奥の菖蒲園(入園料別?)は閉鎖中で秋(12月?)まで入れませんでした。

紫陽花も満開を少し過ぎた感触で、花数も「多い」というほどではなく、「今年は今一・・・」の声も聞こえる程度の出来のようですが、平日とあってか庭師の方が作業しており、小まめに世話をしているおかげか?痛んだ花がほとんど見当たらずさすが明月院!と感心しました。

「明月院ブルー」とも言われる「青色」の姫紫陽花も多いけれど、他の色も結構あってバラエティーに富んでおり、野生のリスもいたりして都合二時間位?・・・院内を上がったり下がったりして見て回るうちいろいろ発見もできて楽しめました。





下の写真は本堂脇の裏山ですが、太い電線や禿の部分があったのでLightroomで修正してみました。ひょっとしたらこんなに凄いかも・・・という妄想画像です。(笑)


寺の名前にちなんで?境内のあちこちにうさぎの置物が置かれていましたが、生きたマスコットも3羽飼われていました。その小屋を見てから前の壁の上をフト見たら・・・いましたリスです!あまり可愛くないけど・・・鳥の餌台を荒らしに来たリスですね。(笑)


木漏れ日の中、葉裏に隠れて光っていた紫陽花です・・・。


トイレの前の鉢植えも中々・・・。


入口すぐの階段ですが、木漏れ日がキレイ・・・。


これが入口裏の木陰・・・外は日差しが強く暑かった・・・実はこの写真の中にもうさぎが・・・。





紫陽花の一つ一つが丁寧に扱われていて気持ち良さそうでした・・・。


素敵な休憩処もありますが、花の管理やガードマンも配しての整理などを考えると、規模の割に高いとも感じる拝観料(他は2〜300円)は仕方がないでしょう。あえて言えば、北鎌倉の観光客の喧騒を一手に引き受けて頑張っている感触もありますしね。(笑)

外に出ると時間的には11時頃?中途半端なので一旦駅側に引き返して浄智寺を拝見して、布袋様の「腹」を撫でて散策・・・。(笑)

コチラは浄智寺の山門・・・。


本堂の鄙びた感触が良し・・・。


布袋様・・・鎌倉や江の島一帯の七福神の一つらしい。


本堂の窓・・・秋は良さそう・・・。


外に出ると時間はお昼時・・・レストランはどこも混んでいそうなので、とりあえずコンビニで腹ごしらえし、朝に近くまで行った建長寺を参拝してから途中の長寿寺を外から覘き、駅東側の円覚寺を経て最後に東慶寺まで・・・北鎌倉をグルリと一周回って夕方4時頃の電車に乗りました。距離的には南北2キロ位の範囲を1.5周位した感じかな?

臨済宗建長寺派の大本山だという建長寺は巨大な建物群が並んで圧倒されます。


本殿?の一部には座禅用の大広間、裏には広大な庭園・・・さすがは大本山です!


実は、この庭園の裏、さらに奥まで行ってみて、裏山の上の木陰で昼寝をしてきました。(笑)


次の長寿寺は土日しか入れなかったので山門の「外」から見えた庭の百合と・・・道路沿いの斜面に咲いていた紫陽花でも。(汗)





北鎌倉駅の東側の広大な斜面に広がってる円覚寺も、建長寺同様に臨済宗円覚寺派大本山で大きな建物が並んでいました。元々はお寺が作った学校が隣にある元気な建長寺に対して、幼稚園も構える円覚寺はちょっと大人の雰囲気かな?(笑)座禅部屋や写経部屋、庭園もありました。


紫陽花はさほど目立つものがなかったのでアチコチ探すことに・・・。


有名な茶室もあり、脇の庭で冷たいお茶をいただきました。


とにかく日差しが強く、木陰がうれしい・・・。


3時も過ぎた頃?山門を出て、鉄道沿いの山の中腹に沿って歩きました。円覚寺の草庵の前の道や階段を歩いて行くと、途中にはこんなものも・・・これは何???。


進むうちに斜面を下り、何だか見覚えのある駅沿いの道に出たので、踏切を渡って最後の東慶寺に・・・。

着いてみると人っ子一人いない・・・。

はずは無く・・・実はこれ、通りかかった時に撮ったものです。(笑)

時間的にも拝観者は少なくて快適でした。タイミングを狙うと他の人は入りません。


紫陽花も結構ありましたが、半夏生なども見られ「自然な庭」の雰囲気です。


ガクアジサイ?・・・じっくり見るとキレイ・・・。





薄暗い墓所の中・・・。


東慶寺のHPを見ると有名人のお墓が沢山あるらしいが、個人のお墓をマジマジ見るのもどうかと思えてほとんどスルー。しかし、このお墓は・・・墓誌が新しいようだったけれどあまりに綺麗でおもわず・・・。


帰る頃の山門はこんな感じ・・・平日です・・・。


北鎌倉は古くからある禅寺が多く、洗練された観光地の寺社とは違って質実剛健な気風を感じます。明月院は「観光寺院」として別格として、建長寺や円覚寺は規模も大きく、禅宗本来の「修業の場」の側面も今だ保っているようでした。対して浄智寺や東慶寺は規模も小さく、ショップ等を構えるところもありますが、個人のお墓もあって地元に密着した「お寺さん」の雰囲気もありました。海の見えない鎌倉、谷間に点在する寺院の町として鎌倉ブランドの中ではちょっと特異な場所なのかどうか?他の様子も知らない私には分かりませんが、静かな平日のひと時を過ごすには良い場所かと思えました。

あ!そうそう、一つ忘れていました!

駅近くの崖をくりぬいたトンネル・・・危険なため「通行禁止」になってました!!通りたかったのに残念!!(笑)通りかかった寿司屋さんの入り口には保存運動(緑の洞門保存運動)のポスターがあったようで、地元の方々も色々考えているようでしたね。次に行ったときは是非通りたい・・・そうだあきらの通学路の階段も探そう!(笑)

来年はもう少し早めに行こうかな・・・。




2015.06.14 Sunday

まとめて・・・花

ここの所忙しいようで暇?どうもやる気が出ずに困っていたのですが、さすがに撮った写真が溜まってきたのでまとめておきましょう。

桜は・・・マンネリなので1枚だけ・・・本当にたまたま・・・偶然撮っただけですが・・・。



次は薔薇族・・・・。(笑)


う〜ん・・・これもマンネリ・・・。(汗)


今年の収穫はこの辺の青い薔薇かな。


その他は面倒なので現像で変えてしまった方が面白い・・・。





先週撮ったのがこの辺・・・。


日が高くてちょっと辛かった・・・。





昨日がコレ・・・。


まだちょっと早いのですが、そこが魅力か・・・。





そして今朝撮ったのがコレ・・・紫陽花です。


雨上がりで快適でした・・・。





ちょうどお茶会の場だったので、傘だけ入れてみました。



と言う感じで、まずまずの出来化かと思います・・・。

来週は・・・どうするか・・・仕事も忙しくなってき・・・悩みます・・・。(汗)





2015.05.31 Sunday

柳の綿毛が雪のように・・・

しばらく前の事ですが、いつもの散歩の途中で見た光景です。

GH2で慌てて動画に撮りましたが、ブレまくりの酷い出来です。(汗)でも、そのまま消すのもモッタイナイかな?と思えてアップしてみました。



PC用の高価な編集ソフトは縁がないので、フリーソフトでMP4(720p)に変換してから ipadに入れて、120円で購入したアプリで編集してみました。BGMは Reaktor5 の音をそのまま使いました。細かい点で不満は多いのですが、元画像が酷いのでこんなレヴェルでも良いかな?という感じです。(汗)

大量の綿毛が風に乗って飛び始め、体中が包まれた時はちょっと混乱してしまったほどですが、出来の悪さからその辺も伝わって来る・・・という事にしておいて下さい。(笑)





2014.08.23 Saturday

X-Rite ColorMunki Smile

---
X-Rite
¥ 11,866
(2013-04-05)
コメント:X-Rite ColorMunki Smile

ヤフオクを見ていてポチリとやったら落札してしまった・・・。(笑)

『デスクトップまたはラップトップパソコンのLCD及びLEDのモニタキャリブレーションをシンプルな操作で行うことが出来ます。各種設定を行う必要が無 く、あらかじめセットされた設定にキャリブレーションを行うことが出来ます。エックスライト社のプロ仕様のカラーキャリブレーションソリューションと同じ カラーエンジンテクノロジーを採用し、キャリブレーションの適用前と適用後を比較表示することが可能です。 』
〜amazon

X-Rite社というのは「色」に関するあらゆる需要に応えることができる世界企業らしく、古くから有名なマンセル社パントーン社も関連会社に持っているらしい。色の、文字通りの「世界標準」の2社を要する同社が発売するこの製品・・・悪いはずはないと思います。

マンセルと言えば色を表す際の体系の代名詞であり、パントーンと言えば日本の「DIC」と共に「色見本」の代名詞です。昔、仕事の関係で大変お世話になったので懐かしい・・・。(笑)

で、何故にこんなものをと言うと・・・デジカメとパソコンで写真をやっているからには「必須」だからです。具体的に言うとこれを使わないと正しい色が分からないと言う事。自分のパソコンで「綺麗だな〜」と思っても、プリントアウトしたり、ネット上にアップした画像をよそのパソコンで見ると色が違って見える、微妙に色が「違う」というのはあって当然で、それが嫌ならこの手の商品を使うしかないと言う事です。

分光測色計というらしいこの製品、以前から気にはしていたのですが、値段(2万円前後が多い)の割に使用頻度が低いと思われて躊躇していました。今回は、元値がそれまでの商品の半額という低価格で、しかもあれだったので入手に至った訳です。(汗)

冒頭にamazonの説明を引用しておきましたが、使い方は正にあれだけです。(笑)

CDからソフトとドライバーをインストールして起動すれば、後はボタン1クリックだけで完了です!それ以外何も無し!!

実際にやってみたところ・・・かなり色が変わってビックリ!

元々「クリームホワイト」よりやや「青みがかった白色」が好みだったのですが、そのことがはっきりと示されて、直近でアップした写真を現像からやり直したほどです。どれも色温度が5500Kくらいを500ほど下げたのですが、それだけ変な色のモニターで見ていたと言う事です。(汗)

安いだけにできることは最小限です。プロファイルを作成して好みに応じて使い分けると言う様なことは無理・・・凝ったことをしたくてもできない仕様・・・だから安いと言う事ですね。

モニターの色が安定しない、変わりやすいと言う事が無ければ数か月に一回、いや年一回でも良いのか?良く分かりませんが、結果に対する安心感を考えると1台は欲しい機器で、
RAW現像しかしない、Lightroomも使っていると言う様な人、本気で写真をやりたいと言う方ならお勧めです。

上手下手は・・・全く関係ありません!(笑)





2014.08.17 Sunday

夏の終わり

昨日は早朝から一人でお出かけ・・・車で30分ほどの公園に出かけて蓮と水連を撮ってきました。実は先週行こうかと思っていたのに、雨の為諦めていたのです。花もほとんど終わっていると分かっていましたが、ひょっとしたら・・・と。(笑)

結果は予想通り・・・。

99%は終わっていました。(汗)生き残りを探して何枚か・・・絵になるものは数えるほどです。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S

掘り出し物は睡蓮です。10僂曚匹両さな花ですが、水面に映った姿も入れると思いのほか美しい・・・。とりあえず持って出た300丱此璽爐役に立ちました。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S

もう少し水面に寄りたいとか、CPLフィルターがあれば・・・何て贅沢はダメ!!(笑)

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S

実は100丱泪ロを最初に着けていたのですが、帰宅して見た所、レンズアダプター(安物!)の絞りが閉じていた為、ほとんどピンホールカメラになっていて10枚くらいは消しました・・・全く・・・齢です。(笑)

結局、小雨がぱらつき始めたこともあって2時間ほどで退散。、コンビニによって腹ごしらえをして帰路に。途中でいつもの散歩コースも覗いてみたら、少ないながらまだ蓮が咲いていたので、数枚とって帰りました。蕾もあったからまだいけるかも・・・。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S

で、最後は半月ほど前に撮った同じ場所の蓮。100丱泪ロでないと撮れない絵ですね。

LUMIX DMC-GH2 + CANON EF 100/2.8 マクロ

花が大きからボケても使えます!

LUMIX DMC-GH2 + CANON EF 100/2.8 マクロ

解放でしか使えないから、どこにピントを置くかで悩む・・・。

LUMIX DMC-GH2 + CANON EF 100/2.8 マクロ

寄り過ぎても何が何だか分からなくなるだけなんだけど・・・寄らずにいられない。(笑)

LUMIX DMC-GH2 + CANON EF 100/2.8 マクロ

さすがに次は難しそう・・・とりあえず夏の終わりと言う事に・・・。





2014.02.23 Sunday

凍み渡り

昨日も仕事・・・実は雪の影響です。もともと遅れ気味だった予定を挽回するべく、先週先々週と休日出勤のはずだったのに、ともに雪のためオジャン!人手が足りず仕方なく私も引っ張り出されることに・・・最後の雪景色でもと思っていたのですが・・・。

雪も「人間の」節度を超えると災害になります。積もった新雪の上に雨が降り、流れることなくスポンジの様な状態で凍りつく・・・車や屋根がつぶれる位は当然予想できましたが、仕事や生活にここまで影響が出るとは思いませんでした。我が家も車の修理(ABSのセンサーがご臨終・・・その他)などの臨時出費で数万円の被害になりそう・・・。2014年東日本雪害とでも名付けられて記憶されるのかもしれませんね。

そうは言いながら、今日位が最後と思われる雪景色ですのでカメラ片手に散歩してきました・・・。

田んぼや畑・・・開けた南向きの斜面はかなり消えて残っていても5僉腺隠悪冂度かな?


しかし、日陰の場所には30僂曚匹了沈磴癲ΑΑξ咾虜櫃両道は除雪もされていず、長靴で歩くにうってつけの状態です。


固く締まった雪は私が乗っても大丈夫!どこでも歩いて行けそうですが、まわりは全て「他人の土地」ですからそうもいかないか・・・。(汗)


一日中日陰?の沼には厚い氷が!!


見た目で10儖幣紊呂△蠅修ΑΑΑ足を踏み入れたいという誘惑が・・・。(笑)


道端の雪もよく見ると面白い・・・クレバスだって何だって撮れそう・・・。(笑)


梅も満開です。


裏道を選んで行くとあちこちでこんな光景が見られて楽しい。


いまだ普段の生活に戻れない方や、農家など被害の大きさに茫然とされている方も多いのも現実ですが、寒いからと家に篭っているのももったいないです。近所に公園などがあるならば出かけてみたらどうでしょう。

思い返せば子供のころ、どこまでも続く残雪の上・・・裏山の中腹まで駆け上がって遊んだ日々が懐かしく思い出されました。「凍み渡り」と言ったかな?関東のこの地でできるとは思いもしなかったのでちょっとうれしい一時でした。願わくば・・・「月下の雪景色」が撮りたいところですがそんな元気は・・・無いかな?(笑)





2014.01.11 Saturday

- 7°C!

3連休の初日・・・明日は予定があるので思い切って出かけることに・・・数年前に覗いた川原で、「朝もやの中の白鳥」を狙いました。

朝6時出発!車で20分ほど走った現地は実に爽やか(笑)・・・気温は・・・−7°C!!



当然上下とも重装備で出かけましたが、風がほとんど無いこともあって、足のつま先以外は特に問題なしでした。

期待した7時前の日の出は・・・低い雲があって思った位置から日が差さず撮影を断念・・・。仕方なく対岸に移動して仕切り直しましたが大勢の先客がいてナイスショットはとても無理・・・。


−7°Cですから氷も張っています!


川面にはうっすらと靄がたっていましたが、期待ほどではなくガッカリ!(汗)


こんな感じでお茶を濁すしか・・・。

人に慣れてしまった鳥たちはすぐ目の前まで来てくれますが、かえってありがたみが無くなるのは何故?(笑)


日が差し始めると、一気に光量が上がり絞り切れずに盛大に白飛び!(汗)



ふと足元を見ると・・・ハクセキレイが1〜2メートルの至近距離をウロチョロしていました。逃げる様子はないのですが、動きが早く、近すぎてピントが合わない・・・。(汗)尾羽が切れてるけど・・・ま、良いか!(笑)


大砲抱えた人たちが大勢いたり、パンを投げて鳥たちを右往左往させたりする人も結構いて・・・何だかな〜・・・と思いましたが、遥か西には富士山が見えて、久しぶりの朝の川原は気持ちの良い場所です。



結局、風が無いため白鳥の飛び立つ場面も見られず、無理しても仕方がないので40枚ほどで引き揚げました。

また今度・・・いつのなるかは分からないけど行ってみましょう。





2013.06.09 Sunday

名残りの薔薇

先週だったかな??近所の公園に出かけてみたら薔薇の花が・・・。

もうほとんどお終いの状態でしたが、探してみたらギリギリ絵になる場所も・・・。

虫やゴミの付着などもありますが、綺麗な部分だけを狙ったつもりです・・・。

最後の姿をどうぞ・・・。

LUMIX DMC-GH2 + CANON EF 100/2.8 マクロ  (以下同様)

枝を選べば何とか・・・。



日陰で背景の綺麗な場所を探す・・・。



角度を変え、アングルを変え・・・。



ボケを生かして・・・と言いたい所ですがレンズは解放でしか使えません。(汗)



別の場所では菖蒲が盛りに近づいていました・・・。



梅雨も本格的になる主役はアジサイか・・・。でも・・・地味なのでね・・・。(笑)

名残惜しい・・・薔薇・・・来年こそは早めに・・・。





2013.05.06 Monday

久しぶりに

結局、今日の夕方まで家で仕事でした・・・。(汗)

それでも最終日です・・・合間を見て妻と散歩したり食事に出かけたりしました。

昨日の朝は一人でカメラ片手に散歩・・・久々に撮ってみましたが、しばらく見ぬ間に世は百花繚乱??!!(笑)

お馴染みの芝桜・・・小規模ながらあちこちに。

LUMIX DMC-GH2 + G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S. 以下同様。
 
麦もノビノビ・・・。


牡丹の花もいつの間にか終わり・・・残骸ですが・・・。(笑)


タンポポも旅立ち中です。


道端の藤の花も盛りでした。


あちこちで菖蒲も咲いていて真面目にやろうとすると大変そうです。(笑)



▲top